ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Spotify、世界で今年最も再生されたアーティスト/曲/アルバムを発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

イギリスのシンガー・ソングライター、エド・シーランが、Spotifyで今年最もストリーミング再生されたアーティストとなった。

音楽ストリーミングサービスのSpotifyは12月3日、2014年のトップ・ストリーミング再生アーティスト/アルバム/楽曲を発表。今年、世界で最もストリーミング再生された楽曲は、ファレルの世界各地で話題となったシングル「ハッピー」だったことも明らかになっている。

Spotifyで8億6,000回以上聴かれたシーランだが、最新アルバム『x(マルティプライ)』は4億3,000回再生されたといい、世界で最も再生されたアルバムに。彼の興行上の成績がSpotifyでの成功にも反映される結果となった。シーランは、2015年ワールドツアーのUKツアーをロンドンの伝説的なスタジアム、ウェンブリー・スタジアム3公演にてスタートさせる。なお、その数か月後のオーストラリア・ツアーでは、完全に一人(シーランはループペダルとアコースティック・ギターのみでステージに上がる)でヘッドライナーのアリーナ・ツアーを行なう、ジョン・デンバー以来20年ぶりのミュージシャンになるそうだ。

なお、2014年に世界で最も再生された女性アーティストはケイティ・ペリーで、グループではコールドプレイといった結果になっている。

今年、70億時間以上の音楽が5,000万人以上のユーザーによって再生されたとしているSpotify。10月末には、テイラー・スウィフトがストリーミング配信サービスから自身の全楽曲を引き上げ、これに続きカントリー・スターのジェイソン・アルディーンなど数組のアーティストが楽曲を削除するといった事態があり、衝撃を受けている。

ランキングにはこの他、エミネム、カルヴィン・ハリス、アヴィーチー、デヴィッド・ゲッタなどが入っている。

また現在、米ビルボード・シングル・チャート“Hot 100”で3位となっているHozierの「Take Me To Church」は、世界で最も急速に広まった曲となった。

関連記事リンク(外部サイト)

ニック・ケイヴ カイリーも出演!音楽界の鬼才に迫るドキュメンタリーが日本公開
ジェームス・ブラウンの名曲『セックス・マシーン』をピックアップした番組の放送が決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP