ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ディズニーが極秘に進める謎のプロジェクト『トゥモローランド』 その詳細が徐々に明らかに!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


2012年、ディズニーが新たに企画しているSF映画の主役としてジョージ・クルーニーと交渉中であると米映画業界紙『バラエティ』が報じて以降、日本にはなかなか情報が入ってこなかった謎のプロジェクト『1952』。全世界で様々な憶測を呼び、極秘プロジェクトとして水面下で進められていた映画のタイトルが、このたび『トゥモローランド』に決定し、2015年6月6日(土)に日本公開されることになりました。

ウォルト・ディズニー社の保管庫から見つかった、さまざまな資料をもとにスタートした本作のプロジェクト。詳細は未だ不明のままですが、未来を夢見る17歳の女の子と“トゥモローランド”の存在を知る男が、イマジネーションあふれる“未知の世界”の謎に迫っていく物語とのこと。

ウォルト・ディズニーが“未来へ託した夢”とも言われるその極秘プロジェクトについて、“トゥモローランド”の存在を知る男・フランクを演じるジョージ・クルーニーは、「これまでに出演したどの映画よりも規模が大きい」と語ります。さらに、フランクと行動することになる17歳の女の子・ケイシー役に抜擢(ばってき)されたのは、人気テレビシリーズ『アンダー・ザ・ドーム』の若手女優ブリット・ロバートソン。役柄は全く明かされていないものの、テレビシリーズ『Dr.HOUSE』のヒュー・ローリー、『スノーホワイト』のラフィー・キャシディなど、魅力的なキャストが脇を固めます。

監督・脚本は世界的大ヒットアニメーション『Mr.インクレディブル』『レミーのおいしいレストラン』で2度のアカデミー賞を受賞し、『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』で鮮烈な実写デビューを飾ったヒットメーカー、ブラッド・バード。製作と共同脚本を、日本でも大ヒットした人気テレビシリーズ『LOST』のクリエーターのひとりで、『プロメテウス』や『スター・トレック』シリーズの脚本も手がける才人、デイモン・リンデロフが務めます。

みなさんもご存知の通り、本作のタイトルにもなった“トゥモローランド”は、日本を始め各国のディズニーランドのテーマパークの1つとしても知られている“未来の世界(=トゥモローランド)”。映画『トゥモローランド』では、我々が未だかつて目にしたことのない、“未知の世界”を目にすることができそうです。

(c) 2014 Disney Enterprise,inc. All Rights Reserved.

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP