体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

祝バンド生活25年! 人間椅子インタビュー「僕達ずっと青春をやってるんだなって改めて思う」

人間椅子

今年でバンド生活25周年となる人間椅子。12月3日にはファン待望の『現世は夢〜25周年記念ベストアルバム〜』をリリースしました。この『現世は夢〜25周年記念ベストアルバム〜』は、既発表曲に加えて、デビュー前のインディーズ盤収録曲、さらに新曲4曲入りの 豪華盤。昔からのファンも、筆者の様な新規ファンも人間椅子が“ブレずに”25年間やってきた楽曲をじっくり噛み締める事の出来る一枚です。

今回は、人間椅子の和嶋慎治さん、鈴木研一さん、ナカジマノブさんにインタビュー。本アルバムについてや、バンド生活25年を振り返ってみて、今後の展望など色々とお話を伺ってきました。

―『現世は夢〜25周年記念ベストアルバム〜』が12月3日にリリースとなりましたが、このベストアルバム企画・選曲についての想いを聞かせてください。

和嶋:今年バンド生活25年という事で、このタイミングでベスト盤を出そうとずっと決めていました。マニアックな曲も入れたかったのですが、そうすると3枚組になっちゃうし……というのでかなり迷って、ライブで盛り上がる曲を中心に選曲を。

後は初期の楽曲を入れたかったんですね。僕達は「イカすバンド天国」という番組で認めてもらって、今も音楽を続けているわけですが、当時インディーズで出したアルバムに入った楽曲をベストアルバムに入れました。これを聴くと“初期衝動”というのかな、当時の勢いを感じてもらえると思う。この楽曲は今手に入りにくいし、聴いた事無い人もたくさんいると思うので。

―貴重な楽曲が入るという事で、昔からのファンも嬉しく、また、新曲も4曲入っているというのが、私の様な新しいファンにも嬉しい限りです。

和嶋:そうですね、普通ベストアルバムというと新曲は入れても1、2曲かなと思うんだけど、人間椅子はこれから30周年、35周年に向けて走り続けていくぞという気持ちで4曲作りました。この新曲はベストアルバムの中の選び抜かれて来た他の楽曲と並ぶわけで、遜色ない曲を作らないといけないなと。でもオリジナルアルバムでは無い分、自由に制作出来たので、次のアルバムを示唆する様な楽曲になりましたね。

―このタイトル、アートワークについてはいかがでしょうか。

和嶋:曲を作る事って夢の具現化の様な作業なんですよ。江戸川乱歩の「現世(うつし)は夢、夜の夢こそまこと」という言葉がありますが、25年目という節目にふさわしい言葉だなと思って。それで、ジャケットのアートワークも万華鏡で浮世離れした、時間を感じさせないというイメージに。

―改めて、バンド生活25年という月日を振り返ってみていかがですか?

和嶋:単純に時間だけ考えてみるとすごく長い時間なんだけど、振り返るとあっという間だったなあ。一曲目から改めて聴いてみると、とても新鮮なんですよね。色褪せてない。僕達ずっと青春をやってるんだなって改めて思った。

鈴木:年々早く感じるのもあるよね。この間ライブやったばかりなのに、またライブかみたいな(笑)。

和嶋:年をとって、時間が早く感じるというのも確かにある(笑)。ノブ君は加入してから10年だもんね、さらにあっという間だよね。

ナカジマ:本当、10年ってあっという間ですよね。とにかくドラム叩くのが好きなので「楽しい!」って思ってたら10年過ぎてた。このベストアルバムには僕が加入する前の曲もたくさんありますが、改めて初期の楽曲と最新楽曲を聴き比べてみて。何も変わってないなと思いましたね。2人がやってきた事が最初から格好良くて、信念を持って突き進んで来たんだなと感じましたね。

―その“ブレなさ”は意識せずとも?

和嶋:いえ、バンドを結成した時に決めたんです。僕と鈴木君はブリティッシュロックに憧れて楽器をはじめて。でも英語での歌詞は説得力つけられないなと思って、日本語で奇妙な歌詞をつけようと。そこからコンセプトはずっと変わらない。

―25周年を迎えるアーティストって他にもたくさんいるとは思いますが、人間椅子ほどずっと活動を止めずに来たバンドって本当に珍しいのでは無いかと。

1 2 3次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。