体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

地中海に浮かぶ島 サルデーニャ島のパン

地中海に浮かぶ島 サルデーニャ島のパン

見渡すかぎりにとてつもなく広がる小麦畑、乾いた大地に羊の群れ

地中海に浮かぶ島 サルデーニャ島のパン

四国の1.3倍もの面積をもつサルデーニャ島は地中海の真ん中に浮かぶイタリアの別天地だ。日本と同じように四季の区別があり気候も似ているが、私が訪れた8月下旬はとても暑い。肌に突き刺す日差しはするどく、痛くて日なたには30分と立っていられない程だ。ところが「日陰」にはいるととても涼しく過ごしやすい。朝晩もカーディガンが必要なくらい寒暖の差が激しい。さわやかな地中海性気候の島である。イタリア本土、スペイン、フランス、北アフリカの影響を受け育まれた食文化は独特で魅力的、良く知るイタリア料理とはひと味違う。
今回、サルディーニャ島にはほんの3日間という短い滞在であったが、そこではサルデーニャのパン「パーネ カラザウ」の工房を訪れる機会に恵まれた。
島の北東部に位置するヌオーロ県オリエナ、この村はサルデーニャの職人的な伝統工芸を守ってきた村で「パーネ カラザウ」の発祥の地である。

          レポーター 尾見 典子     取材日 2014年 8月

サルデーニャ国民食のパーネ カラザウは羊飼いのパン

地中海に浮かぶ島 サルデーニャ島のパン

滞在中、どこを訪れてもこのパンを口にした。サルデーニャでは羊の数の方が人口よりも多いと言われるくらい酪農業が盛んで、放牧された山羊や羊、馬、牛等がのんびりしている光景がよく見られた。元々パーネ カラザウは羊飼いが放牧のため遠征する時に保存食として携帯するのにつくられたパンで、水分を飛ばして軽くするよう2度焼きして乾燥させ保存性を高めている。1年くらい保存が利くそうだ。パリパリっと軽やかな食感であとを引く。サルデーニャ滞在中何カ所かでパーネ カラザウを食したが、自家製であったりパン屋さんのものであったり、おのおの味や厚さに微妙な違いがあり個性豊かであった。訪問したアルビーノ・ルチアさん夫妻の工房のものはポテトチップスのように薄く繊細であった。

ルチアさんのパーネ カラザウが出来るまで

地中海に浮かぶ島 サルデーニャ島のパン

材料はセモリナ(粗挽き)粉、水、塩、前日の中種とビール酵母。それらをミキサーで捏ねて長時間休ませ、パイローラーで均一に薄ーく伸ばしていく。そして丸く型抜きの出来る別のローラーに通していく。

地中海に浮かぶ島 サルデーニャ島のパン

直径40㎝程に丸く型抜きした生地は、一枚ずつキャンバス地に重ね再び休ませる。作業は家族で分担し手際よく進められる。

地中海に浮かぶ島 サルデーニャ島のパン

工房で使用している粉は、イタリア本土のバーリ(プーリア州)から特別なセモリナ粉を取り寄せて、サルデーニャで栽培される希少な背の高い品種のセモリナ小麦とブレンドしているそうだ。いずれの粉も日本では手に入らない。

地中海に浮かぶ島 サルデーニャ島のパン

焼成。石窯に薪(オリーブの木など)を焼べ、600度の高温に熱していく。石窯でないとそこまでの温度にはならないそうだ。途中、薪を足しながら高温で完全に水分を飛ばし保存性を高める。ルチアさんの工房では今でも一枚一枚丁寧に焼き上げ、熟練された技でカラザウを極薄パリッパリに仕上げていく。

地中海に浮かぶ島 サルデーニャ島のパン

生地を先の丸い木の棒(ピザピールのような)に乗せて窯内に投入、すると生地はたちまち風船のように膨らんで、ふわふわのパンになる。

地中海に浮かぶ島 サルデーニャ島のパン
1 2 3次のページ
パンスタの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。