ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ベルリンと東京が姉妹都市提携20周年。ベルリンカルチャーが東京を賑わすイベントが開催。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ドイツ・ベルリンと東京が姉妹都市だということをご存じだろうか。1994年に提携が結ばれ、それ以降文化事業を通して互いに支援をおこなうなど、両都市は親交を深めてきた。このたび、姉妹都市提携20周年を迎え、それを記念して『BERLIN×TOKYO デザイン、アート、カルチャー展 ~新しいアイディアが生まれるすきま~』が東京で開催される。

このエキシビションは六本木ヒルズ展望台にて2日間開催。アートの部門ではベルリンの現代アートのハブ、スタジオThe WYEがキュレートした最先端テクノロジーと人間の交差を表現する作品が展示。その他にもファッションや写真、デザインの展示や、ワークショップも行われるなどベルリンカルチャーを一挙に楽しめる盛り沢山の内容が予定されている。

また、生で音楽を体感できるイベント『RESONANZ』も1夜限りで開催。ベルリンからはマックス・ローダーバウアーやダーシャ・ラッシュ、ベルリンにて活動中の黒川良一などが参加する。それに加えて日本からは真鍋大度率いるYourCosmosが登場。彼らはアルス・エレクトロニカ での発表を皮切りに「人工知能はRapが出来るか」をテーマに活動しており、今回は初の日本語バージョンにチャレンジする予定だ。他にも数多くのDJがプレイする予定で、両都市それぞれのグルーヴが交じり合う熱い夜となりそう。こちらのイベントは六本木から場所を変え代官山UNITにておこなわれる。新しい刺激を求めるにはうってつけの2つのイベント、ぜひ情報をメモして。

 

 

 

 

『BERLIN×TOKYO デザイン、アート、カルチャー展 ~新しいアイディアが生まれるすきま~』

日程:2014.11.29(土) – 30(日)
営業時間:展示会開催時間 10:00 – 23:00 (最終入場22:30)
会場:六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー (52階屋内展望フロア)

入場:1500円

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP