体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

血のつながらないセクシー姉に翻弄される日々……男子高校生の夢がつまってる! 映画『鬼灯さん家のアネキ』

エンタメ 映画
hozuki_directorscut_BD_S

累計60万部の人気コミックを実写映画化した『鬼灯さん家のアネキ』。セクシーでお茶目なアネキ×童貞男子高校生×ミステリアスな女子高生のロマンティック・コメディーが、Blu-ray&DVDが来年2月18日(水)に発売となります。

『鬼灯さん家のアネキ』のストーリーは、まさに男子高校生の妄想、夢を具現化した様なちょっとエッチで、クスッと笑える、新感覚ロマンティック・コメディー。

母親を突然亡くした童貞男子高校生・鬼灯吾朗には、母の再婚相手の娘で、血のつながらない姉・ハルがいる。お弁当にブラ、学校から帰るとハダカエプロンでお出迎え、などセクシーなハルのエッチな悪戯に、振り回される吾朗の日々。そこに同級生のミステリアスな美女・水野がからんできて……。

アネキ役には人気グラビアアイドルの谷桃子さん、吾朗役には『桐島、部活やめるってよ』など話題作に続々出演、現在も『日々ロック』が絶賛公開中の前野朋哉さん。ミステリアスな女子高生は佐藤かよさんが好演しています。各キャストからのコメントは以下のとおり。この映画「ああ〜お色気系ね〜」なんて油断してると痛い目に合う良作! ぜひご覧ください。

hozuki_main

前野朋哉(鬼灯吾朗役)コメント

アネキにイタズラされる弟・吾朗 ちゃん、の表情を何度も楽しんで頂けたら僕としては幸いです。そして原作とはかけ離れた僕の容姿も含め、本編を油断して観てください!今泉節がきっとジワジワ来ますよ!

谷桃子(鬼灯ハル役)コメント

ハルと吾郎ちゃんそしてその周りの仲間達の不器用すぎる愛の伝え方を見ていると愛くるしくて、愛おしくて。相手を思いやるからこそうまれる優しさや強がり、そして嫉妬。「世の中にはまだ名前のつかない気持ちがある」 素敵な言葉ですね。この作品は人の温かさを感じる作品だと思います。是非、DVDでもお楽しみください。愛をこめて 鬼灯ハル

佐藤かよ(水野麻衣役)コメント

今回、鬼灯さん家のアネキがDVDになるということで、私の初々しい演技も何度も見られてしまうのかと思うと恥ずかしいような部分もありますが、そこも含めて楽しんで頂ければいいなと思います。ハルとごろうちゃんのあんなシーンやこんなシーン、わたしとごろうちゃんのあのシーン…そして、ハルとまいちゃんのぎこちないあのシーンもどれもこれもが見放題。DVDが薄くなっちゃうくらいに見まくって愛して下さいね。

今泉力哉監督コメント

一見、エッチなラブコメディのようで、その実、姉弟の関係性の変化を軸にさまざまな愛の形を描いたドラマ、という原作の魅力を、谷さん、前野 さんはじめ、魅力的な人たちと一緒につくりました。ぜひ軽い気持ちで、だまされて(!?)見てほしいです。暖かい話ですよ!

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会