ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android 5.0を搭載した複数のNexusで特定のWi-Fiアクセスポイントに接続できない現象がAOSPのIssueトラッカーで多数報告される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android 5.0 (Lollipop)を搭載した Nexus デバイスで特定の Wi-Fi アクセスポイントに接続できないという現象が AOSP の Issue トラッカーで多数報告されていました。今回報告された現象とは、AES を利用した WPA2-PSK 暗号化方式のアクセスポイントに接続しようとしても「保存済み」としか表示されず、「接続済み」にはならないということです。しかも企業でよく利用されている Cisco 製 Wi-Fi ルーターの SSID での事例が報告の大部分を占めています。また、Cisco の SSID ではアクセスできないものの、自宅で使っている一般の製品にはアクセスできた、Android 4.4.4 では Cisco の SSID であっても問題なく接続できたと報告している方も複数います。この現象は Nexus 4、Nexus 5、Nexus 6、Nexus 7、Nexus 9 で確認されています。複数の機種で発生していることから、Android 5.0 自体のバグではないかと見られています。Source : AOSP Issueトラッカー


(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy A5 デュアルSIM・LTEモデルが中国で発売開始
hi-ho、ASUS Zenfone 5 LTEとSIMカードのセットを12月1日に発売
Pots : 最大4人で遊べる、オセロのようなボードゲーム

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP