ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米AT&T版Nexus 6の初期ロットの一部でトラブル発生、Android 4.4のテストファームウェアで出荷されていた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google の新スマートフォン「Nexus 6」は Android 5.0 (Lollipop)を搭載して 11 月 14 日に米国で発売されました。しかし、現地で Nexus 6 を販売している AT&T の端末では、初期ロットの一部が正常に起動しないというトラブルが発生しているそうなのです。問題の原因は、誤ったファームウェアがインストールされていたことです。Motorola は既に同社のミスを認め、対象の端末を交換する対応を行っています。ソフトウェアにバグは付きものなのですが、まさか起動すらしないファームウェアがインストールされているとは、あまりにもずさんな品質管理体制ですよね。ではどんなファームウェアが搭載されていたのかというと、Android 4.4 (KitKat)のテストビルドだったのです(上図のステータスバーやナビゲーションバーに注目)。Nexus 6 は国内でも Google Play ストアとワイモバイルで発売される予定です。発売時期は 12 月上旬だと言われていますが、まだ予約受付は行われていません。Source : Reddit


(juggly.cn)記事関連リンク
Mugen Power、Xperia Z3 / Z3 Compact用のバッテリー内蔵ケース(3,700mAh / 3,000mAh)を発売
Xperia Z3やAndrid 4.4.4版Xperia Z2の電話アプリで通話中の音声を録音する方法
Wi-Fi Audio Speaker : スマートフォンをPCのWi-Fiスピーカーにするアプリ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP