ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

FLOW×GRANRODEO、11月25日の『スッキリ!!』で生パフォーマンス決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

MBS/TBS系全国28局ネットで毎週日曜夕方5時から放送されているTVアニメ『七つの大罪』のエンディングテーマ「7 -seven-」を担当している奇跡のコラボユニット、FLOW×GRANRODEO。11月26日のCDリリースに向けて各配信ランキングでのランクインが続いているが、嬉しいニュースが入ってきた。

多くのアニメタイアップ楽曲を手掛け、日本のみならず海外でも絶大な知名度と人気を誇る5人組ミクスチャーロックバンド、FLOW。そしてハードロックを基調とした多彩なジャンルをミックスしたアニメソングを主軸とした楽曲が特徴であり、声優としても活躍をしているヴォーカルKISHOWとギタリストe-ZUKAによる2人組ユニット、GRANRODEO。この絶大な人気と支持を誇る2アーティストによる奇跡のスーパーユニットは、発表時点から各所で話題となっていた。

11月24日にはNHK『MUSIC JAPAN』への出演が発表されているが、翌日11月25日の朝になんと日本テレビ系列『スッキリ!!』への出演が発表された。GRANRODEOにとっては地上波での生出演、生歌唱は初となる。

当日はFLOW×GRANRODEOオフィシャルTwitter「@FLOWxGRANRODEO」に出番前の模様等などが実況される予定だ。ハッシュタグ「#FLOWxGRANRODEO」でお茶の間に「7 -seven-」が響き渡るのをぜひ生で見届けよう。

11月26日に発売されるパッケージも非常に豪華な内容となっており、表題曲「7 -seven-」に加え、カップリングにはこちらもコラボレーションした新曲「New World」、そして3曲目には『Animelo Summer Live 2014 -ONENESS-』で2組のコラボによって披露された「GO!!!」のライヴ音源が収録される。

初回盤にはMVやドキュメンタリー映像、通常盤には「初回仕様限定 TVアニメ『七つの大罪』描きおろしワイドキャップステッカー」や、期間生産限定となるアニメ盤にはデジパック仕様の「『七つの大罪』鈴木央 描きおろしジャケット」など、盛りだくさんの内容となっている。

シングル発売当日の11月26日には東京・TSUTAYA O-EASTで行われるFLOW主催のイベント『FLOW THE PARTY 2014』にGRANRODEOも出演。チケットは即日SOLD OUTしている。

なお、11月29日には「7 -seven-」発売記念イベントがららぽーと豊洲にて開催される。ミニライヴ&ハイタッチ会が予定されているが、多数の来場者が予想されるので、事前にインフォメーションの確認をお忘れなく。

日本テレビ『スッキリ!!』
11月25日(火) 8時0分~10時25 分
http://www.ntv.co.jp/sukkiri/
WEニュースのコーナーに出演
※番組の都合上で予告無く放送内容が変更になる場合があります、あらかじめ御了承下さい。

シングル「7 -seven-」
2014年11月26日発売
【初回限定盤】
KSCL-2513~2514/¥1,713+税
<収録曲>
1・7 -seven-
2・New World
3・GO!!!(Animelo Summer Live 2014 -ONENESS- (2014/8/30) より)
4・7 -seven- -Instrumental-
<DVD収録内容>
1・FLOW×GRANRODEOドキュメンタリー映像
2・7 -seven-(MV)

【通常盤】
KSCL-2515/¥1,204+税
※初回仕様限定 TVアニメ「七つの大罪」描きおろしワイドキャップステッカー
<収録曲>
1・7 -seven-
2・New World
3・GO!!!(Animelo Summer Live 2014 -ONENESS- (2014/8/30) より)
4・7 -seven- -Instrumental-

【アニメ盤】
KSCL-2516/¥1,296+税
※期間生産限定盤
※「七つの大罪」鈴木央 描きおろしジャケット、デジパック仕様
<収録曲>
1・7 -seven-
2・New World
3・GO!!!(Animelo Summer Live 2014 -ONENESS- (2014/8/30) より)
4・7 -seven- -TV SIZE –
5・7 -seven- -Instrumental-

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
FLOW×GRANRODEO スペシャルサイト
“ランティス祭り”国内ファイナル、東北公演のレポ到着

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP