ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

こどもも大人もはしゃげる最先端ショッピングモール! 『グランツリー武蔵小杉』11月22日オープン

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


早速ですが皆様、今週末の予定は決まっていますか? これから年末にかけて冬休みやクリスマス、お正月などイベントが多くなりますが、そんなイベントを更に盛り上げてくれる施設、グランツリー武蔵小杉が2014年11月22日(土)についにオープン。

グランツリー武蔵小杉は、あらゆるショッピングのシチュエーションがフロアごとに分かれているまさに最先端なお買い物スポット。友達同士でもカップルでも、ご家族でも楽しめる工夫が満載です。今回は編集部スタッフがその魅力をご紹介します。

グランツリー武蔵小杉のオアシス『AQUA DROP(アクアドロップ)』


まず、高級感あるゲートを抜けると、なんと14mの高さから流れ落ちる水のオブジェ『AQUA DROP(アクアドロップ)』がお出迎え。

光と水と音楽の饗宴を楽しむことができます。グランツリー武蔵小杉のコンセプトの象徴である水と緑による空間で編集部スタッフもわくわく。時間帯によって異なるパフーマンスのあるようなので、実際にあなたの目でチェックしてみて。

イトーヨーカドーも新しく変身


2階に上ってみると、なんと西武・そごうを発見。1階、3階、4階にはそれぞれイトーヨーカドーが『GRANDTREE MARCHE』、『HOME & WORKS』などと姿形を変えて入っているのでどの商品に関しても品揃えは超充実なんです。

こだわりの生活雑貨も気になる


更に3階に上ると、“Enjoy Living!”をコンセプトにしたフロアが。女子の大好き雑貨コーナーや“Francfranc”もこちらにあります。

クリスマスギフトもこのフロアで決まり。筆者も「誰かプレゼントに買ってくれないかな~」とチェアが気なりました。

アウトドアグッズを展開している『スノーピーク』では最新のアウトドアグッズが揃います。アウトドアならではのデザイン性の強い雑貨も気になるところ。男性の方や、お父さんにもおすすめ。

子供、ママ、シニアにも優しい、今までになかったサービス


4階では“Handy for Moms”をコンセプトにしたフロア。フロア全体がまるで“子供の部屋”のよう。こちらではオトナもこどもも楽しめる工夫がいっぱい。

気になったのは、『TULLY’S COFFEE kids commu』。何でも子供用タリーズなのだそう。

限定の可愛らしいキッズメニューも注目。ショッピングに疲れたら、家族みんなでこちらで一服もいいかもしれません。

更に気になるのがこちらの『スマイルスクエア』。一遍何の変哲もないプレイルームに見えますが……。

編集部スタッフが裸足で立ち入るとなんと頭にリンゴが出現。その他にもキリンや髪飾りなど、被り物は様々に変化します。これは子供も喜びそう。

少し時間が経つと、風船がたくさん出てきました。体が風船に触れると風船がばんばん割れていきます。ストレス解消みたいで楽しい。その他にも、各階に併設されたベビールームや日本最大級の屋上庭園『ぐらんぐりんガーデン』など、親子揃って快適にすごせるサービスがいっぱいです。

まだまだ取り上げきれない魅力もたくさん。各フードコートでは期間限定メニューがあるとのことなのでぜひ早めにお出かけしてみてはいかがでしょうか?

グランツリー武蔵小杉
http://www.grand-tree.jp/web/index.html

mochimiの記事一覧をみる ▶

記者:

ディズニーツムツム大好き!

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP