体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

献立を考えるのが面倒なのは主婦共通の悩み!?アンケート調査の結果わかった「夕食あるある」を一挙公開!

午後3時にもなると、今日の夕食は何にしようか…とちょっと憂鬱になる主婦も多いのでは!?

日々の献立を自動で提案してくれるアプリ「Ohganic」を提供するTEDが、いい夫婦の日にあわせて「家事と夫婦生活に関する調査」を実施。そこから、献立を検討する際の面倒さや作りがいのなさと言った、主婦共通の悩みが見えてきた。

まず「夕食の献立はどうやって決めていますか?」という質問に対し、「毎回ひとりで決めている」と答えた人が36.3%、「ほとんど毎回、自分だけで決めている」と答えた人が31.3%で、7割近くが自分で決めていることが判明。さらに「どちらかというと、自分だけで決めることが多い」と答えた13.1%を足すと、実に8割を超える結果に。

ちなみに、「献立を自分だけで決める理由」としては、「栄養バランスを考えてきちんとした献立にしたいから」といった栄養バランスへの懸念や「手間のかかるものが食べたいと言ってくる」といった面倒さなどが挙げられた。

献立をひとりで決める人が多いにもかかわらず、「料理をする時のストレスは?」という質問に対しては、38.8%の人が「献立を考えるのが面倒なこと」、30.3%の人が「献立のレパートリーが少ないこと」と答え、献立を決める際の大変さが浮き彫りとなる結果に。

次に「夕食の献立を考える際、参考にするものは?」という質問に対し、「インターネットのレシピサイトやアプリ」と答えた人が55.3%と、過半数にのぼることが判明。「レシピ本や雑誌(28.8%)」や「テレビ番組(22.4%)」を大きく上回った。

そこで献立検討時にネットやアプリを使う人に「“レシピを検索する”こと自体、面倒だと思いますか?」と聞いたところ、73.4%の人が面倒だと回答。「献立は“探す”よりも“提案”されたほうが、ラクになると思いますか?」という問いに対しては、なんと87.6%がラクであると答えた。

以上のことから、献立をひとりで決めるにも関わらず、献立を検討するのが面倒だと感じている主婦が大半を占めることが判明。

1 2次のページ
ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会