ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

メーク界にも“アンドロイド”ブーム!? 内側から発光する肌作りとは?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


人造人間を意味する“アンドロイド”。数々のアニメ、コミック、映画に登場する事でオタ女の皆さんにはお馴染みだと思いますが、この秋・冬、最新メーク事情にもアンドロイドブームが到来?

10月26日に開催された「SHISEIDO THE GINZA主催 ビューティーアップセミナー「NY発!モードメーク Tips」にて、資生堂トップ ヘア&メーキャップアーティストの岡元美也子さんが最新メークトレンドを紹介。集まったお客さんに手軽に出来るメークのポイントをレクチャーしました。


岡元さんによると、今年の秋冬のメークトレンドは「アンドロイドスキン」「モーヴ系カラー」「スパイダーラッシュズ」の3つ。

「アンドロイドスキン」とは、人工的に作られたアンドロイドの様に内側から発光する透明感のあるお肌の事。これまで、ベースメークはカバーしすぎずに素肌感を残す事が良しとされてきましたが、今年の秋冬はコスメを上手に使って白くてキレイな肌を作り込む事がファッショントレンドにも合っているとのこと。


セミナーでは「マキアージュ コンシーラーリキッド」を使い、下地をつけた上からアンドロイドスキンの作り方を教えてくれました。

まずは、ブラシ一体型のコンシーラーを目の下から放射線状につけ、コスメフリークの間ではおなじみの「資生堂ファンデーションブラシ 131」で肌になじませていきます。自然にぼかしたい時はクルクル、しっかりカバーしたい時はトントン。ブラシ使いをマスターすれば、自分のなりたい肌になれちゃうというワケ。ちなみにこのブラシの開発自体に岡元さんが関わっているという逸品。

その後は「マキアージュ デザインリメークパウダー」など、パール感のあるお粉を大きめのブラシでふんわりとつけ、ベースメークは完璧。アンドドロイドのようなこんなキレイなお肌なら、リップやアイシャドウなどのポイントメークもより引き立ちそうですよね!

セミナーではこの後も、モーヴ系のアイシャドウを使ったアイメーク方法や、印象的な目もとをすばやく演出するつけまつ毛の重ね付けテクニックなどが披露されました。

銀座7丁目にある資生堂の総合美容施設「SHISEIDO THE GINZA」では、岡元さんに1対1でメークのレクチャーを受けられるクラスなど、カウンセリングも大充実。何より、メークを教えてもらって、使ったアイテムをすぐに購入する事が出来るのが嬉しいですよね。

秋冬はオシャレが一番楽しい季節! これからのパーティシーズンに備えて、メークのアップデートをしてみてはいかがでしょうか?

SHISEIDO THE GINZA
http://stg.shiseido.co.jp/

SHISEIDO THE GINZA | Facebook
http://www.facebook.com/ShiseidoTheGinza

SHISEIDO THE GINZA | Twitter
https://twitter.com/SHISEIDO_stg

TEL:03-3571-7735(代表)

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP