体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

女子会なんて甘い? 飲み上級女子が集まる“女会(にょかい)”潜入レポ 飲み会を100%楽しむ女たちは想像以上に凄まじかった!

IMG_0258 (2)

味の素が提供する“攻めの飲み”サポートアイテム、アミノ酸サプリメント『ノ・ミカタ』では、飲み好き・夜遊び好き、さらにトレンドに敏感で周囲からも一目置かれている“飲み上級女子”を積極的に応援。世間にすっかり定着した“女子会”のイメージを超越した飲み会を繰り広げる彼女たちの集いを“女会(にょかい)”と名付け、現在、そんな彼女たちをサポートする特設サイト“女会ウォッチ”を展開しています。

女会ウォッチ_TOP

“女会ウォッチ”では、人気ブロガー・はあちゅうさんら30人の“女会女子”からさまざまなエピソードをヒアリングし、これまで知られることのなかった“女会”の実態や、耳を疑いたくなる体験談など30以上の“女会あるある”をピックアップ。イラストレーターの小迎裕美子さんが、それらのエピソードをユニークなひとコマ漫画で紹介しています。

「キラキラ女子改め、ギラギラ女子」「翌朝謎の発信履歴に震える」など、にわかに信じがたいエピソードが並ぶこのコンテンツ。そこで筆者(男)は、そんな彼女たちの実態に迫るべく、思い切って“飲み上級女子”たちが集う“女会”に潜入してきました。ここからは男性閲覧注意です……。「“女会”のせいなのね? そうなのね?」という軽い気持ちでウォッチしてみましょう。

会ったそばから「最近どう?」

女会ウォッチ_1

今回“女会”に参加したのは、教育系の仕事をしているAさん、専門商社に勤めるBさん、アパレル系のCさん、ネット系広告代理店のDさんの4人。学生時代からの親友で以前は頻繁に飲み会を開催していたそうですが、ひとりの結婚を機にしばらく疎遠となり、今回は久々に集まったとのこと。

集合時間10分前に指定の店へと到着した筆者。しかし、“女会”開始時刻になっても誰も現れません……。ひとり、またひとりポツポツと来店し、結局4人が揃ったのは1時間ほど経過してから。それぞれ仕事をもっているので、そのあたりはルーズでお互いに気にしないようです。と言うより、「まだまだ夜は長いからOK」という感覚らしい。

IMG_2332 (2)

……が、集まって乾杯をした途端、さっそくテンションはマックスに! しばらく会っていなかった相手との距離を一気に詰める最強の言葉「最近どう?」が飛び出すと、「この後、男の人アポってあるから街に繰り出すよ!」「出会いを求めるために社会人サークル入ろうと思って」など、初っ端から男性の話題が尽きません。

「最近どう?」という言葉が凄いのは、「最近、“仕事”どう?」でも「最近、“恋愛”どう?」でもなく、ただ単に「最近どう?」なところ。つまり言い換えれば、「自分が話したいことをひたすら話して良い時間を与えますよ?」という意味なのです。お酒のつまみとばかりに、「合コン」「クラブ」「テキーラ三昧」など、さまざまなワードが飛び交っていました。

IMG_0285

生ビール、ハイボール、ボトルワインと飲み進め、「最近どう?」の質問が一巡する頃には、もうみなさん完全に出来上がっていましたよ……。カシスオレンジとか、一切飲まないんですね。

1 2 3次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。