ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「1人ファミ飲み」で寝入るおじさんに店員困惑 救急隊も駆けつけたが…

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年も残すところ1か月とちょっと。外でお酒を飲む機会も増えるころです。最近は居酒屋だけでなく、ファミリーレストランで宴会する「ファミ飲み」なんて言葉もあり、お酒をあまり飲まない人も一緒に楽しめると好評のようです。

「酒は百薬の長」と言いますが、それはあくまで適量の話。今回は、ファミレスに勤めていた私の友人の実体験です。時間は午後2時過ぎ、ランチタイムのピークが過ぎて店が落ち着きを取り戻したころ、40代くらいのおじさんが1人でやってきたそうです。
もしかして急性アル中? 脳梗塞?

おじさんは平日の昼間にもかかわらず、ワインのボトルを注文し、ハイペースで飲み始めました。30分ほど経つころには、ボトルがほとんど空き、見るからに赤ら顔のおじさんができあがりました。しばらくして、おじさんがピンポンボタンで呼び出します。

「いやーころ、ほんろうに良い店だい。で、ろいれどこ」

おじさんは完全にろれつが回っておらず、何度か聞き返し、ようやく「トイレの場所を聞いているようだ」ということが分かりました。足元がふらつくおじさんを誘導し、何とかトイレまで案内しました。

ここまで酔った後のトイレですから、飲食店経験者であれば言いようのない不安が募ります。ところが3分ほどでトイレから出てきたおじさんは、すんなり席に戻りました。

友人は急いでトイレを見に行きましたが、特に変わった様子はありません。他の従業員もほっと一息。しかし安心したのも束の間、今度はおじさんが席で眠りこけ、大イビキをかきはじめました。あまりに大きな音に、他のお客様も気にしているようです。

従業員としては、このまま無視するわけにはいきません。友人は「お客様、お客様!」とおじさんの体をゆすりましたが、全く起きる気配がありません。

お酒が入ってこの状態ですから、急性アルコール中毒の可能性も頭をよぎります。ろれつが回らず、いびきをかくとなると、脳梗塞のおそれだってあります。
店の外にはパトカーと救急車が

起きる気配のないおじさんに不安を感じ、友人は救急車を呼ぶ決断をしました。しばらくして救急隊が到着し、おじさんの介抱が始まりました。しかし救急隊員の答えは、

「この方は急性アルコール中毒ではないようです。これではどうしようもないですね」

という拍子抜けしたもの。実際に何かしらの症状がないと、救急隊員も病院に連れていけないというのです。困った友人は警察も呼ぶと、警官は「このままでは確かに営業妨害になるな」と理解を示してくれたそうです。

救急隊員、警察合わせて5人の大人たちが、どうやっても起きない酔っ払い1人を取り囲む異様な光景ができあがりました。店の外には、パトカーと救急車が止まっている物々しい雰囲気ですから、事態を知らない人から見ると「何か問題があった店」にしか見えません。

このままでは、店の営業に深刻な悪影響が出る――。友人が困り果てていると、それを見かねた救急隊員のひとりが、おじさんの飲食代を立て替えたうえ、「急性アルコール中毒の疑い」というテイでおじさんを病院に搬送してくれたそうです。友人は「本当に助かった」と言っていました。

後日、このおじさんは菓子折りを持って店に謝りに来たそうです。お代はちゃんと救急隊員に支払ったとか。私も居酒屋で働いていた身ですから、声を大にして言いたいです。皆さん、外で飲むお酒はほどほどにしましょうね。

あわせてよみたい:社員旅行に運動会「やってみたらすごく楽しくて」
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP