ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【深海ロマン】これが近未来の海洋都市? 清水建設が2030年にも実現可能な深海都市構想を発表

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


「やっぱり山より海だろ!」「宇宙より深海!」という海派の諸君をこの上なくときめかせる計画が明らかになった。その名も深海未来都市“OCEAN SPIRAL”。

海に5000人が生活できる直径500メートルの球体を浮かべ、3000~4000メートルの深海に設置した海底資源の掘削基地とを螺旋状のゴンドラで結ぶ。海洋温度差発電で必要な電力を自ら賄い、水と酸素を自給。採掘基地では、レアメタル・レアアースが豊富に含まれる熱水鉱床を人工的に作り、持続可能な資源採鉱を可能にする。さらに周辺では未来型の沖合養殖漁業を実施することで食料も調達できる。今後、人類が直面するであろう食料・エネルギー・水・CO2・資源の問題を一気に解決し得る拠点となる未来都市構想だ。

構想を発表したゼネコン大手の清水建設によると、必要な建設費は3兆円で建設期間は5年。早ければ2030年にも実現可能になる見込みだという。途方もない計画に聞こえるかもしれないが、プランをまとめるに当たっては、大学教授や他業種の専門家の協力も受け、建設時の具体的な資材や施工手順も考えられている。つまり「お金さえあれば十分実現可能」ということだ。

もっとも、その資金調達こそが一番難しいことなのだが、海洋立国としていずれは本気で深海開発に取り組まなければならない日が来るかもしれないことを考えれば、採算を度外視した深海都市構想にワクワクしてみるのも悪くない。建設費用は3兆円、深海ロマンはプライスレス、だ。




コンクリートフレームとアクリル板・繊維強化プラスチックで造られた居住区画には住宅、ホテル、オフィス、研究所などが入る。球体はバラストによる上下動が可能で、台風時は海中に沈んでしまえば風雨の影響を受けず、地震にも強い。





清水建設はこれまでにも、夢のある大規模建設構想を発表してきた。100万人が暮らすピラミッド型のアーコロジー“TRY2004”、赤道直下の太平洋上に浮かぶ環境未来都市“GREEN FLOAT”、月面上に設置した太陽光発電所から地球にエネルギーを伝送する“LUNA RING”、宇宙旅行産業を支える“宇宙ホテル”。清水建設の社員には小松崎茂ファンがいるのは間違いない!

画像とソース引用:清水建設ホームページより
http://www.shimz.co.jp/theme/dream/index.html

※この記事はガジェ通ウェブライターの「ろくす」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

カテゴリー : エンタメ タグ :
ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP