ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

飲みたい日本酒!”日本酒×イタリアン”女子つまみ♪

DATE:
  • ガジェット通信を≫

キリッと冷やしても、あつ~く燗しても楽しめる酒界のオールラウンダー!
”日本酒”に最近海外での人気が高まっているそう!

欧米では、冷酒をワイングラスで飲み、香りを楽しみます。
また、流行の裏側には”日本酒と洋食の相性の良さ”があるそう。
今回は日本酒と合うイタリアンレシピをご紹介します♪

1.吟醸系には”トマトと苺のカルパッチョ”
吟醸系の日本酒には、あっさりとした素材を活かした料理がオススメです!
■材料
トマト 4つ
苺 20個
レモン汁 1/2個分
☆バニラオイル
オリーブオイル(100ml)、バニラビーンズ(1本)、コショウ
■作り方
1.トマトは湯むきし、スライスする。苺は半分にカットする。
2.☆材料を混ぜ合わせる。2等分(トマト用と苺用)にする。
3.苺には、バニラオイルとレモン汁を和える。トマトにもバニラオイルをかける。
4.お皿に盛りつけ、食べる直前にフルール・ド・セル(天日塩)をかければ出来上がり。

2.本醸造酒、生酒、長期熟成酒、純米酒には”ハニーマスタードチキン”
爽酒(普通酒、本醸造酒、生酒など)、熟酒(長期熟成酒)はこってりした濃い味付けの食事が合います。
爽酒は淡麗辛口で清涼感があります。熟成酒は、複雑な味わいで少しクセがあります。
■材料
鶏もも肉 2枚
☆マスタード、粒マスタード、蜂蜜(大さじ3)、レモン汁(大さじ1)
オリーブオイル
■作り方
1.鶏肉を適当な大きさに切り、☆材料と一緒にジップロックに入れる。30~1時間程置いておく。
2.オリーブオイルを熱し、鶏肉を入れて両面に焼き色をつける。(1のつけ汁はとっておく。)
3.つけ汁を加え、照りがでるよう肉と絡めながら焼き上げれば出来上がり。

日本酒にフルーツやスパイスを漬け込み、サングリアを作ってみるのもオススメです。
今こそ、やっぱりのみたい日本のお酒!
イタリアンやフレンチと合わせて、ベストなマリアージュを探してみて下さい♪

「taste by FOUR SEASONS」
http://taste.fourseasons.com/recipe/tomato-and-strawberry-carpaccio-vanilla-oil-and-pepper/
「Damn Delicious」
http://damndelicious.net/2014/09/01/baked-honey-mustard-chicken/

カテゴリー : グルメ 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP