ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Androidユーザー注目】電子書籍を読むなら!電池のもちが5倍になるE Inkスクリーン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートフォンで小説や漫画を読むのも、今や当たり前の光景。ただ、スマートフォンの電池がすぐなくなってしまうのが悩みの種。また、屋外で電子書籍を読もうとしても、太陽の乱反射がまぶしくて、画面は見にくいし、目にも負担がかかってしまう。

E Inkのセカンドディスプレイ、専用ケースにセット

そこでOaxisが開発したのが「InkCase」というセカンドスクリーン。今夏、資金調達プラットフォームKickstarterで資金集めを行い、ローンチされたツールだ。「InkCase」は電子ペーパーE Inkのディスプレイで、スマートフォンとBluetoothで通信する。

まず、「InkCase」をスマートフォンと一緒に、二つ折りになっているケースにセットするのだが、ケースの前部分はくり抜かれていて、ちょうどそこに「InkCase」を配置できるようになっている。ちなみに、ケースの厚みは5ミリメートルほど、全体の重さは45グラムという薄くて軽量のものだ。

配置が完了すると、スマートフォンの上に「InkCase」がちょうど上に重なるように収納され、スマートフォンのディスプレイを鏡のように映し出す。ただし、画面は白黒で再現される。

「InkCase」にはタッチスクリーン機能はないので、小さなボタンが設置されている。音楽再生をしたり、アラートをチェックしたり、電子書籍を読み進めたり……、ボタンを押してそういった操作をおこなえるようになっている。

電池のもちが飛躍的に向上、直射日光下でも画面見やすく

たいていのAndroidスマートフォンは、高解像度のディスプレイで、美しい画面が再現されているが、その一方で電池の消耗が激しい。通常だと、Samsung Galaxy S4で電子書籍を閲覧すると、電池は4時間しかもたないが、この「InkCase」を使えば、なんと最大19時間の連続使用が可能になる。

また、太陽の下で画面を見ると、太陽光が乱反射してまぶしく、電子書籍の文字が見えづらいものだが、「InkCase」を使えば、直射日光下でも文字がグッと読みやすくなるという。

さらに「InkCase」は、スマートフォン側の画面から独立して、セカンドスクリーンとして動作させることも可能。セカンドスクリーンに、ショップのクーポンや入場チケット、マップなどをあらかじめ表示させておけば、必要なときに慌ててスマートフォンを取り出して、サイトにアクセスする手間もなくなるので便利だ。

「画面はカラーじゃないと困るのでは」と思うかもしれない。実際のところ、メールや書類、電子書籍など、テキストメインのコンテンツでは、ほとんどが白黒で事足りる。この「InkCase」がすごいのは、セカンドスクリーンの白黒画面と、スマートフォンのカラー画面を同時に使用できるという点。ケースに収納されているセカンドスクリーンのディスプレイをどかせば、裏にはすぐスマートフォンのカラー画面がある。いちいち、「白黒」→「カラー」の切り替えを行なう必要はなく、ニーズに合わせて瞬時に使い分けられるのだ。

現在のところ、AndroidのSamsung Galaxy S5のみにフィットするケースだが、今後さまざまな機体に対応していく見込み。

Oaxis InkCase

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP