ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“桐島”のリア充・非リアコンビ再び! 『日々ロック』で前野朋哉&落合モトキが衝撃のビジュアルに

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


『SR サイタマノラッパー』シリーズ、『劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ』など、今音楽映画を撮らせるならこの人しかいない! 入江悠監督による爆音ムチャぶりエンターテイメント映画『日々ロック』が11月22日より公開となります。

本作に出演している、前野朋哉さんと落合モトキさんと言えば、映画『桐島、部活やめるってよ』の前田(神木隆之介)の親友で同じ映画部の武文役(前野朋哉)、帰宅部でいつもバスケをしていた寺島役(落合モトキ)にて共演し、超リア充と非リアの典型的な違いが印象的な2人でした再共演となる本作では、ライブハウス「モンスターGOGO」で対立するバンドメンバーをそれぞれ熱演し、衝撃的な姿を披露しています!


前野朋哉さんは主人公・日々沼拓郎(野村周平)率いる“ザ・ロックンロールブラザーズ”のベース担当・草壁。童貞であることを誰よりも気にしているダメ男であり、調子者で喧嘩っ早く、突如現れた宇田川咲(二階堂ふみ)とも乱闘騒ぎを起こすほどの問題児。しかし、口ベタなため伝わりづらいものの、本当は誰よりも日々沼と依田の事を信頼しています。鼻血を出したり、黒焦げになったり、様々な姿を見せてくれますが、中でも衝撃的なのは高校時代に路上ライブを披露しているシーンでチラッと映る草壁。どうしてその髪型を……と思わず、絶句してしまう瞬間です。


また、落合モトキが演じるのはビジュアル系バンド“ザ・ランゴリアーズ”のボーカル・庄司。イケメンぶりとカリスマオーラ溢れる新庄に惚れ込むファンが多く、彼が一言「もっともっと翼ひろげてこうぜ」と発すれば絶叫が上がり、まわりには常に女性ファンが待機しているなど、その人気はザ・ロックンロールブラザーズとは雲泥の差。ド派手な衣装に身を包み、妖艶なパフォーマンスで会場を虜にしてしまいます。さらに決めポーズで白目を披露するという、これまで演じてきたどの役とも違う強烈なインパクトを残しています。

それぞれ、今までの出演作品の中で一番の衝撃ビジュアルを披露し、体当たりで演じている2人。飛び抜けた演技力と、個性的な魅力、両方兼ね揃えた“実力”を持つ俳優です。来年にも、映画『娚の一生』が共演作として控えているなど、今後も彼らの共演作から目が離せません。またしても、彼らの共演作として新たなインパクトを残すこととなる、映画『日々ロック』にぜひご注目! ガジェッと通信では入江悠監督のインタビューも近日公開予定なので、こちらもお楽しみに。

『日々ロック』
http://hibirock.jp

(C)榎屋克優/集英社 ©2014「日々ロック」製作委員会

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP