ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

三木眞一郎&神谷浩史も自信! 水島精二×虚淵玄オリジナル作品『楽園追放 Expelled from Paradise 』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


『ガンダムOO』で知られる水島精二監督と、脚本・虚淵玄さん(ニトロプラス)による完全オリジナル作品『楽園追放 Expelled from Paradise 』。15日に初日舞台挨拶が行われ、キャストの釘宮理恵さん、三木眞一郎さん、神谷浩史さん、主題歌を歌うELISAさん、水島精二監督が登壇しました。

『楽園追放 Expelled from Paradise 』は、人類が多くの地上を捨て、「ディーヴァ」と呼ばれる電脳空間で暮らす西暦2400年を舞台にしたSF作品。水島監督が「現状の3DCG、セルルックのアニメーションで今最高峰の技術を集めた」と話す、大迫力の映像美は必見。釘宮さん、三木さん、神谷さんという3人の声優による演技も抜群の安定感で、鑑賞中は興奮、観賞後は爽快感を味わえる、筆者個人的にも今年一番燃えた劇場アニメーションです。


「初めてお話を伺ったときから、随分経ったので、ようやく我が子を贈り出せるようなホッとした気持ちもありますし、それまでの時間が長かったような、短かったような不思議な気持ちです」と初日を迎えた気持ちを語る釘宮さん。釘宮さん演じるアンジェラバルザックをサポートする地上のエージェント:ディンゴとして活躍する三木さんも「やっと多くの人に見て頂ける場に辿りつけたんだと思うと嬉しいですね」と遂にお披露目となった心境を語りました。

電脳世界ディーヴァにハッキングを仕掛ける謎の存在フロンティアセッターを演じた神谷さんは、最初シナリオを読んだときに非常に難しい話に見え、これが一体どういう風に皆さんに受け入れられるのだろうかと感じたそう。その作品が完成を迎え作品の評判も凄く高いと水島監督から聞くと「水島監督と三間音響監督のアフレコ指示のもとにやらせて頂いて、それを信じて音にしてフロンティアセッターをやらせて頂きましたけれども、こうやって皆さんに受け入れて頂き初日を迎えたので、凄く自信をもってここに立てているって状況です」と笑顔でコメント。

自身初のオリジナル劇場アニメーションとなる『楽園追放』が遂に初日を迎えた水島監督は「TV作品の映画化というのは、まだ何とか経験あったんですけど、ゼロから劇場で公開される作品というは初めての経験なので、これは凄い僕の節目になる作品だなとそれが今日から始まると思うと気持ちが高ぶります」と感無量の様子。

続けて「『楽園追放』はアニメーション制作をグラフィニカという新鋭のデジタル3Dの会社が本当に愛情をもって今までやったことないことにもどんどんチャレンジして、そのトライアルを繰り返して作りあげたフィルムです。現状の3DCG、セルルックのアニメーションでは、本当に今最高峰の技術を集めた作品ではありますので、そういう意味でもエポックな作品」と話し、観客からは大きな歓声が贈られました。

『楽園追放 Expelled from Paradise』
http://rakuen-tsuiho.com

(C)東映アニメーション・ニトロプラス/楽園追放ソサエティ

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP