ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大学研究者「暴力ゲームが悪影響をおよぼすかどうかは選ぶキャラクター次第」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

昔から「暴力ゲームは攻撃性を高める!」「いや、関係ない!」って議論がありますけど、この「暴力ゲームの影響は選んだキャラクターによるよ!」って研究は、いままでの研究とは毛色が違ってて面白かった。

・大学が研究
これはルクセンブルク大学が行った研究(英文)で、60人の学生たちに「モータルコンバット vs DCユニバース」をプレイさせる実験を行ったんだそうな。

・攻撃性が高まるキャラクター
で、その際、被験者の半分にはスーパーマンを選ばせて、残り半分にはジョーカー(バットマンの悪役)を選ばせたところ、ジョーカーでプレイした学生のほうが攻撃性が高まったらしい。

・人間って単純かもしれない
一方、スーパーマンを選んだ学生たちは、研究者がわざと地面に落としておいた手紙を、ちゃんと拾って届けてくれる確率が高くなったとか。うーん、人間って単純。

・非常に納得できるもの
にしても、この結果は従来の「黒か白か」系の研究にくらべて、非常に納得できるものだと思います。といっても、個人的にはスーパーマンよりジョーカーで遊びたいですけどねー。

この人の記事をもっと読む http://yuchrszk.blogspot.jp
掲載: Buzz+(バズプラス) http://buzz-plus.com
 


 
この人の記事をもっと読む http://yuchrszk.blogspot.jp
掲載: Buzz+(バズプラス) http://buzz-plus.com

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP