ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

節電アプリ「Greenify」がv2.5にアップデート、Android 5.0をサポートし、アプリUIもMaterial Design化

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android アプリを自動的に停止してバッテリーの消費電力を抑える節電アプリ「Greenify」が v2.5 にアップデートされ、Android 5.0 をサポートしました。v2.5 では Android 5.0 をサポートしたことに伴い、アプリ UI も Material Design 仕様に刷新されました。基本的な操作方法は従来のままでさほど変わっていませんが、自動休止や冬眠モードの操作ボタンが画面右下の丸型ボタンに集約されるなど外観がスッキリとしました。Greenify とは、指定したアプリのバックグラウンド動作を停止することでメモリ使用量の抑制し、節電を図るアプリです。主な機能はアプリを使っていないときはその動作を強制的に停止する「冬眠」機能(ハイバネーション)と、端末のロック時にバックグラウンド動作を停止する機能の大きく 2 つ。冬眠モードは root 端末の場合に自動的に実行できますが、非 root 端末は手動で行う必要があります。「Greenify」(Google Play ストア)


(juggly.cn)記事関連リンク
Android Tips : Nexus 4やNexus 7のGoogle NowランチャーをAndroid 5.0(Lollipop)仕様に変更する方法
CF-Auto-RootがNexus 4 / 5 / 7 / 9 / 10
Sony Mobileの「Lifelog」アプリが2.3.A.1.10にアップデート、SmartWatch 3をサポート

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP