ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、端末間連携プラットフォーム「Samsung Flow」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung は 11 月 12 日(米国時間)、米国で開催された同社主催の開発者カンファレンスで「Samsung Flow」と呼ばれる端末間のコミュニケーションプラットフォームを発表しました。Samsung Flow はスマートフォンやタブレット、PC スマート TV など、様々な機器で行う操作を別の端末でもシームレスに継続できるようにするためのサービス。例えば、スマートフォンで動画を視聴しているときに画面が小さいと感じたらタブレットに切り替え続きから視聴できたり、PC で WEB ページを閲覧中に外出する場合にはスマートフォンに転送して表示したままでられるようになります。Samsung Flow ではどの端末でも同じコンテンツを即座に利用することを可能にすることを狙っています。Samsung Flow のコアは端末間の情報を容易に転送して今の作業内容をすべての端末に通知するという点にあります。機能的には Mac OS X Yosemite の連携機能「Continuity」に似ていますが、Continuity はアプリを起動するだけで引き継げるのに対して、Samsung Flow ではユーザーは表示しているコンテンツを接続されている機器に転送する操作が必要になります。Source : Samsung


(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobileの「Lifelog」アプリが2.3.A.1.10にアップデート、SmartWatch 3をサポート
JAF、JAF会員の会員証をスマートフォンの画面に表示できる新アプリ「JAF デジタル会員証」を11月20日にリリース
Android Tips : Android 5.0で変わった「サイレントモード」の設定方法

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP