ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ザ・チャレンジ、コスプレ満載のリキッド単独公演でメジャー・デビュー発表——OTOTOYライヴ・レポート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ザ・チャレンジが11月1日、恵比寿リキッドルームでワンマン・ライヴ〈リキッドチャレンジ〉を開催。沢田チャレンジ(ヴォーカル&センター)がバリエーション豊かなコスプレを披露する一方、満員の観客の前で来春にメジャー・デビューすることを発表した。

初のクラブクアトロでの単独公演からわずか2ヶ月ちょっとで、今度はさらにひとまわりキャパの大きいリキッドルームでのワンマンという、バンドにとってはまさにチャレンジとなったが、その心配が杞憂に終わるほど満員の観客がフロアにつめかけていた。場内は移動するのも困難なほどで、当日券は出ていたものの、体感ではちょうど1年前に同所で行った主催ライヴのときよりも人が入っているように感じた。

「スターウォーズのテーマ」が鳴り響くなか、ステージに張られた幕が落ちると、客席の興奮気味な歓声とともに「会いたい 会いたい ちょー会いたい」からライヴはスタート。タラコチャレンジ(Vo、Gt)が「リキッドー!!」と曲中に叫ぶと、早くも場内の熱気は急上昇。沢田が「おまえらにほんもののミラーボールってものを見せてやるから」と告げると、ミラーボール風のヘルメットを被り「大きなミラーボールの下で」を披露。フロアの天井に吊るされたものと合わせて、2つの大きなミラーボールがリキッドをパーティー・ルームに変えた。「恋のサービス残業」では、沢田がチャレンジオノマック(Vo、Gt)の背後から抱きつき、執拗に胸に手を回す。「おれの愛に定年退職なんてないんだぜー!」と言い残した沢田が舞台裏へと捌けると、ステージに残った弦楽器隊3人が向き合いながらアウトロを演奏した。

なにやらいいムードの音楽が流れると、オノの美声がリキッドに響き渡る。まさかの安室奈美恵「CAN YOU CELEBRATE?」のカヴァーに、客席は手拍子をしながら、うっとりした表情で酔いしれた。そんな素敵なムードをぶち壊すかのように、ウェディング・ドレス姿の沢田がステージに登場(しかも裸足)。どよめきと爆笑に包まれながら、沢田が「みなさんの前でロックと結婚式を挙げたいと思います」と宣言すると、「ウェディングソング」へ。途中、沢田は、歌うタラチャレと強制的に腕を組み、目を逸らすヤンキーチャレンジ(Ba)に満面の笑顔で手を振るなど、やりたい放題。曲が終わると、後ろを向いてブーケを客席に投げ入れ、衝撃的な結婚式は無事に終了した。

沢田が着替えている間に、ドラゴンチャレンジ(Dr)がMCで繋ぐ。「ここがいまイン・ジャパンで一番ホットな空間であることは間違いないので、まだまだ盛り上げどころはたくさんあるので、今日は最後まで楽しんでいってください」と英単語を交えながら軽快なトークを披露した。そんなドラチャレがビートを刻むと、客席はそれに合わせて手拍子。するとお色直しを終えた沢田が再びステージに現れ、「プレイボーイ」がはじまった。ここでは、前回のクアトロ・ワンマンのときに披露された”ラブボート”が再び登場。沢田はゴム・ボートに乗り、何度か沈没しそうになりながらも、客席という大海原を駆け巡った。続いて、沢田が桜井和寿になりきり、無駄にMr.Childrenの新譜を激プッシュするMCをしつつ、「ミスターチルドレンになりたくて」を演奏した。

ここで、ドラチャレのサングラスが壊れていることが発覚。沢田が「お客さんで誰か黄色いサングラスを〜」と呼びかけると、すかさず客席最前列の全身黄色に身を包んだ男性客が快くサングラスを差し出すという連係プレー。男性には、ドラチャレが着用していたサングラスが手渡された。沢田がリキッド公演に向けて集客に不安があったことを明かしつつ、ねずみ講の大切さを語ると、「一等賞」へ。学ランを羽織った沢田を中心に、オノとタラチャレが応援団のポーズで曲中に三三七拍子。「がんばれがんばれ自分! がんばれがんばれ男の子!」と、さまざまな人たちを応援した。

沢田が汗をタオルで拭ったままサングラスをかけ忘れて素顔を公開するというハプニングを挟みつつ、結成当初からの目標であったメジャー・デビューへの思いを語る。「大きいところに行けば行くほど、たくさんの人に触れてもらうことができる。そしてもっと楽しいことができる」と熱弁すると、オノに歌唱指導しつつ「メジャーデビュー」がはじまる。曲中、客席サイドに設けられたサブ・ステージに沢田が移動。客席がざわつくなか用意されたくす玉を割り、「ザ・チャレンジは、2015年春にEMIレコーズからメジャー・デビューすることが決定しました!」と発表すると、祝福の歓声と拍手が場内を包んだ。

そんなハッピーな雰囲気のなかで、ライヴは終盤に突入する。これまで一緒に歩んできたファンに語りかけるように「マイガール」「恋をしようよ」を演奏。「お願いミュージック」では、ミラー・ボールの光に包まれながら、観客は後ろの方までみんなで手を挙げて、サビでは一斉にエビ反りダンス。曲の間奏では、沢田が「おれたちが出会ったことは運命なんだよ。逃れらんないんだよ。だからさ、おれたちがおまえらを次のステージに連れていく!!」と絶叫。先ほどのコスプレ姿からは想像できない情熱的な一面をさらけ出した。最後に「これから先の未来がキラキラ輝いていますように」という願いを込めて「キラキラ」を演奏すると、本編は終了した。

”6人目のザ・チャレンジ”こと物販チャレンジによる山下達郎「クリスマス・イブ」の熱唱からアンコールはスタート。続いてサンタ姿の沢田が「メリークリスマス!」とご機嫌な表情で客席から登場した。花嫁姿とは裏腹に、こちらはとてもよく似合っている。ステージには、トナカイ姿のオノが投げキッスをしながら登場。ふたりのユニット、潮騒のチャレンジで”愛の名言集”が盛り込まれた「今夜はクリスマス」を披露した。残りのメンバーをステージに呼び込んで「11ヶ月」をしっとりと聴かせると、ドラチャレが噛みしめるように語る。「ブリッツとか武道館とか、Mステとか紅白とか、みんなと観たい景色がいっぱいあるわけで。ここにいる人みんながついてきてくれれば、そういう舞台に辿り着けると思ってるし、みんなでハッピーな景色を観たいなと思っているので、変わらずライヴに遊びにきてください」と呼びかけると、繰り返し感謝の言葉を口にした。さらに沢田が、2015年に対バン企画〈ザ・チャレンジ 5番勝負 2015〉を開催することを発表。そして、現代日本版の「サタデー・ナイト・フィーバー」という新曲「花金ダンス」を演奏した。ちょっと気の抜けた沢田ラップにキャッチーなサビ、ユーモアたっぷりの共感できる歌詞で、新曲とは思えない一体感を客席に生みだした。ラストの「サマーライダー」では、場内は一斉にタオルを振り回し、一度目のアンコールは終了した。

再びステージに沢田が現れると、メンバーを呼び込んでひとりひとりと握手。「全部追っかけられなくなっちゃうと思うかもしれないけど、本当におれは丁寧に1個ずつ説明していくから、ちゃんと振り落とされないでついてきてください」と語りかけると、1stライヴの最後にやったという「お元気ですか」を演奏。エモーショナルな空気のなか、最後に沢田が「おれたちが、おれたちこそが、ザ・チャレンジだぜ! 愛してるぜ!!」と叫び、ライヴはフィナーレを迎えた。

かねてよりバンドの目標と語っていたメジャー・デビューを、ついに発表したザ・チャレンジ。まるではじめからストーリーが描かれていたかのように、曲で歌っていることを次々に実現していく。急速にキャパを広げているにも関わらず、この日のライヴでは、下北沢GARAGEで彼らをはじめて観たときと変わらない景色が広がっていた。それだけの実力をバンドが身につけていることの証しなのだと思う。それでも、この日は沢田やドラチャレが繰り返しメジャーに行くことの意味を説明し、ライヴ後には入場者全員に沢田のメッセージが書かれたフライヤーが配られた。ライヴの翌々日の3日に下北沢GARAGEで開催されたイベント〈沢田会〉では、丁寧に自分の思いをファンに語る沢田の姿が印象的だった。高いエンターテイメント性の裏にあるこの真摯さが、きっと一度掴んだファンの心を離さない理由なのだと思う。メジャーというフィールドで、これからどんな素晴らしい景色を観せてくれるのか。さらなる大きなチャレンジに挑んでいく彼らの姿を、これからも追い続けたい。(前田将博)

ザ・チャレンジ ワンマンライブ〈リキッドチャレンジ〉
2014年11月1日(土)恵比寿 LIQUIDROOM

1. 会いたい 会いたい ちょー会いたい
2. ライブハウス
3. 大きなミラーボールの下で
4. 夏のせい
5. ツイッター
6. 恋のサービス残業
7. ウェディングソング
8. プレイボーイ
9. ミスターチルドレンになりたくて
10. 一等賞
11. メジャーデビュー
12. マイガール
13. 恋をしようよ
14. お願いミュージック
15. キラキラ

アンコール
16. 今夜はクリスマス
17. 11ヶ月
18. 花金ダンス
19. サマーライダー

20. お元気ですか

・ザ・チャレンジの音源はOTOTOYで配信中
http://ototoy.jp/them/index.php/88694

・ザ・チャレンジ オフィシャルサイト
http://thechallenge.jp/

〈ザ・チャレンジ 5番勝負 2015〉
第1戦
日程 : 2015.1.16(金)
時間 : OPEN/START 19:00/19:30
場所 : 新宿LOFT
問合せ : ディスクガレージ 050-5533-0888

第2戦
日程 : 2015.1.25(日)
時間 : OPEN/START 17:30/18:00
場所 : 池下CLUB UPSET
問合せ : 池下CLUB UPSET 052-763-5439

第3戦
日程 : 2015.2.11(水・祝)
時間 : OPEN/START 17:30/18:00
場所 : 阿部野ROCKTOWN
問合せ : GREENS 06-6882-1224

第4戦
日程 : 2015.2.14(土)
時間 : OPEN/START 17:00/18:00
場所 : 代官山UNIT
問合せ : ディスクガレージ 050-5533-0888

第5戦
日程 : 2015.3.13(金)
時間 : OPEN/START 18:00/19:00
場所 : 渋谷CLUB QUATTRO
問合せ : ディスクガレージ 050-5533-0888

*全公演 対バンゲストあり
チケット: 前売:3,240円(税込・ドリンク代別)

【オフィシャル先行受付】
11/2(日)12:00 ~ 11/9(日)23:59
先行受付URL : http://pia.jp/a/atfield
先行は抽選受付となります。枚数制限 : 4枚
今回のお申し込みは、発券手数料が一般発売よりかなりお得です。この機会に是非お申し込み下さい。

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP