ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

遊具にくっ付けるスマートクリップ 外遊びの動きがスマホのゲームに!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

近頃一段と寒くなってきた。よく「子どもは風の子」といわれるものの、外で友だちと遊ばずに、家にこもってゲームばかりしている子どもに、不安を抱いている親もいるかもしれない。

公園での実際の遊びがゲーム内容を左右

スペイン発の「HYBRIDPLAY」は、子どもの外遊びとスマートフォンのゲームをドッキングさせ、新たなエンターテイメントを生み出そうという試みだ。遊び場にある遊具を、“スマートフォンゲームのコントローラー”にしてしまう。

この「HYBRIDPLAY」は、スマートクリップとアプリを連動させて動作する。スマートクリップは、シーソーや滑り台、ブランコなどの公園の遊具に挟んでくっ付ける。クリップには加速度計と赤外線センサーが内蔵されていて、活動状況を計測し、スマートフォンと通信して、情報がアプリに送られる。

「HYBRIDPLAY」には、「パックマン」のような有名な古典ゲームから、オリジナルのゲームまで、さまざまなゲームのラインナップが用意されている。アプリを起動してゲームをスタートすると、遊具を使って実際に身体を動かすことに応じて、ゲーム内で起こる結果が変化するのだ。

例えば、ゲーム内であるアイテムのかけらを集めるために、ゲームの進行に合わせて、遊具をうまく揺らさなくてはならなかったり、ゲーム内で宇宙飛行中のロケットが隕石を避けられるよう、上手にシーソーを動かす必要がある……といったような具合だ。

リアルの身体活動と、バーチャルのゲームの世界をつなぐ遊び

アプリでゲーム画面をチェックする子どもと、実際に身体を動かして遊ぶ側とが連携しなくてはならないため、自然と他の子どもたちと交流を深めることにもなる。

このように、外遊びは自分の身体を動かすだけでなく、友だちと交流するチャンスを広げ、心身の健全な成長にもつながる。ついつい一人でゲームばかりに夢中になりがちなわが子のために、このようなツールを導入してみては。現在、資金調達プラットフォームIndiegogoでキャンペーンを開催中。

HYBRIDPLAY

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP