ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Cyntia、初の海外フェス『HAI-DAY』で1万人が熱狂

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1月7日にニューシングル「KISS KISS KISS」をリリースするCyntiaが、インドネシア・ジャカルタのロックフェス『HAI-DAY』で初海外ライブを行った。

初のインドネシア公演にも関わらず、アニメ「聖闘士星矢Ω」主題歌の影響もあってか、バンド名やメンバーそれぞれの名前を叫ぶファンで開演前から客席はヒートアップ!

オープニングSEとともにステージに登場した5人がそれぞれのポジションにつくと、1曲目「閃光ストリングス」からスタート。さっそくの「聖闘士星矢Ω」主題歌に拳を突き上げ一緒に歌うジャカルタのロックファンにステージのメンバーも負けじと迫力を見せつける。MCではVo SAKIがインドネシア語で「私たちは日本から来ましたCyntiaです」と自己紹介して会場を沸かせた。

そして会場も大声援で応え、現地の通訳スタッフからおしえてもらったジャカルタの若者に流行っている言葉「ウニュ~」(カワイイ)と言うと会場は大爆笑。さらに、逆に「カワイイ~」とあちこちから声がかえってきて大盛り上がりとなった。

その後もシングル「勝利の花束を-gonna gonna be hot !-」、「KISS KISS KISS」、「エレウテリア」そして、最後は「Lady Made」まで30度を超える気温と高湿度に負けず圧巻のライブパフォーマンスで初海外公演を締めくくった。

翌日には、インドネシアの大人気テレビ番組「dahSyat」に生出演。現地の人気芸人や美人タレントとトークを繰り広げた後、「KISS KISS KISS」を演奏すると、番組観覧のお客さん100人がスタンディングでライブさながらに盛り上がった。

Cyntiaは、来年2015年1月にはシングル「KISS KISS KISS」のリリースと、3月からの東名阪福ツアーが決定している。

『Cyntia LIVE TUOR 2015』
3月08日(日)渋谷TSUTAYA O-EAS
3月13日(金)福岡DRUM Be-1
3月21日(土)名古屋CLUB QUATTORO
3月22日(日)梅田CLUB QUATTORO

シングル「KISS KISS KISS」
2015年1月07日発売
【通常盤】(CD)
VICL-36984/¥1,300+税 
【初回限定盤A】(CD+DVD)
VIZL-742/¥1,800+税
<DVD>
「KISS KISS KISS」Music Video
「LIVE TOUR “Rock’n☆GIRL 2014″」ダイジェスト・オーディオコメンタリー(約25分)
【初回限定盤B】(CD+BOOK)
VIZL-743/¥3,000+税
※原作「イタズラなKiss」スペシャルジャケット仕様
※BOOK:原作「イタズラなKiss」名場面イラスト絵本ブックレット
※特典:「イタズラなKiss」トレーディングカード1枚封入

<収録曲> ※共通
1.KISS KISS KISS
2.Darling
3.White Stock
4.KISS KISS KISS(instrumental)
5.Darling(instrumental)
6.White Stock(instrumental)

DVD『LIVE TOUR “Rock’n☆GIRL 2014″』
2015年1月07日発売
VIBL-737/¥4,500+税 
※9月28日の恵比寿LIQUIDROOM公演を収録
※開演前、終演後のオフショットも収録
※約100分収録予定
<収録曲>
1. 閃光ストリングス
2. Ride on time
3. エレウテリア
4. SSS
5. シオン
6.ROCK IN GIRL (Instrumental)
7. グリーン・アイド・モンスター
8. 勝利の花束を -gonna gonna be hot!-
9. Return to myself
10. KISS KISS KISS
11. Fly away
12. Lady made
13. Darling
14. Jewel Stars
15. Endless World

「勝利の花束を-gonna gonna be hot !-」MV
https://www.youtube.com/watch?v=QO1k0aE4RJc&feature=youtu.be

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
Cyntia オフィシャルHP
Cyntia、全国ツアー開催決定&「KISS KISS KISS」ティーザー映像公開

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP