ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

デル・日本エイサー・ASUS Japanが相次いで『Chromebook』の一般販売を発表

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


今年7月頃より、各社から法人・教育機関向けに販売を開始して話題となった、Google Chrome OSを搭載したノートパソコン『Chromebook』。本日、デル、日本エイサー、ASUS Japanよりコンシューマ向けの発売が発表されました。

デルの『Dell Chromebook 11』は、本日よりAmazon.co.jp、ビックカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラで販売を開始し、11月12日(水)からはDellオンラインサイトでも発売。日本エイサーの『Acer Chromebook C720』は、11月13日(木)より一般販売を開始します。さらに、ASUS Japan『ASUS Chrome』シリーズは、12月上旬以降の販売開始予定で、価格については現時点では未定です。

『Chromebook』とは

『Chromebook』は、『Chrome Apps』や各種クラウドサービスと組み合わせて使うことを前提に低価格を実現し、各社から一般向けに販売されるとしても、それぞれおよそ3万円前後になる見込み。

データの保存は『Googleドライブ』を使用するため、インターネットに接続した環境がほぼ前提となります。すでに使用されている教育現場などでは、その低コストにより1人1台の所有を可能にし、生徒間の相互アクセスや共同作業などを実現しています。

『Dell Chromebook 11』

今年7月に発売した『Dell Chromebook 11』は、1366×768ドット表示の11.6型液晶を搭載し、重さ1.32kg、バッテリー駆動時間が最大10時間。

主な仕様は、CPUがIntel Celeron 2955U(1.4GHz)、メモリが4GB、ストレージが16GB SSD、Bluetooth 4.0、HDウェブカメラ。接続ポート類はHDMI、USB 3.0、SDカードリーダー、ヘッドホン&マイクコンボジャック、4W内蔵ステレオスピーカーなど。販売価格は、メモリ2GBモデルが31,980円(送料込み・税抜き)、メモリ4GBモデルが38,980円(送料込み・税抜き)。

『Acer Chromebook C720』

こちらも今年7月に法人・教育機関向けとして発売された『Acer Chromebook C720』は、常に7秒以下の素早い起動と、最大で8.5時間の長時間バッテリーライフを実現。1366×768ドット表示の11.6型液晶を搭載し、重量が約1.25kgと持ち運びにも適しています。

主な仕様としては、CPUが Intel Celeron 2955U(1.4GHz)、メモリが4GB、ストレージが16GB SSD、Bluetooth 4.0、HD ウェブカメラ。接続ポート類は、HDMI、SDカードリーダー、USB 3.0 &2.0、ヘッドホン/スピーカージャックなど。なお、有線 LAN 端子は搭載していません。価格はオープンですが、店頭予想価格は3万円前後の見込みです。

『ASUS Chrome』シリーズ

ASUS Japanの販売ラインアップは、1366×768ドット表示の13.3型ワイド液晶でCeleron N2830搭載のノートPCモデル『ASUS Chromebook C300MA』、およびCeleron 2955U搭載の小型デスクトップPCモデル『ASUS Chromebox』の2タイプ。12月上旬以降の販売開始予定で、価格については現時点で未定とのことなので、続報が待たれます。

各社から発表された『Chromebook』が法人・教育機関に先行して導入される中、一般向けの販売はいつかと待たれている状況でしたが、相次いで発表となった本日以降、また各社の競争が激しくなりそうです。

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP