ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

見方を変えれば…の成功例!ユーモア溢れる街角アート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

街を歩いていると、通りや外壁に誰かが描いた傑作アートに出会うことがある。

Oak Oak(ワック・ワック)は、フランス東部、サン・テティエンヌ出身の若手アーティスト。

散歩が趣味の彼が街角で探しているのは歴史的な建造物ではなく、街なかの小さなほころびや傷あと。

道路や建物の外壁にできた小さな傷や廃材、古くなった施設などを使って、ユーモア溢れるアートを制作しているのだ。

彼の手にかかると、街の中にある何でもない手すりや壁の裂け目、ゴミ同然にそこに転がっているものすべてが、人を笑顔にするアートになる。

綱渡りするサーカスの女の子、こっそり逃げようとする泥棒、ブルース・リーにスーパーヒーロー…

どの作品もじわじわくる笑い、ほっこりする笑いで心を明るくしてくれる。

Oak Oakの一連の作品は現在、本人が監修したフォトブックにまとめられており、中は英語、フランス語、日本語の解説が付いている。

こちらはomake booksのサイトにて15ユーロ(日本円で約1,717円)で販売されているので、このほかの作品も見てみたい!という方はぜひ。

Oak Oak
http://www.oakoak.fr/
omake books
http://omakebooks.com/en/home/46-urban-9782919603091.html

アート(まとめ)

The post 見方を変えれば…の成功例!ユーモア溢れる街角アート appeared first on ISUTA(イスタ)オシャレを発信するニュースサイト.

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP