ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ファンタジー!プロジェクションマッピングで魔法にかけられた家

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今もっとも熱いビジュアル表現として注目を集める、プロジェクションマッピング。

さまざまなイベントなどで使われ、目にする人を楽しませている。

イギリスの保険会社「Hiscox」がプロモーション用に制作したプロジェクションマッピング作品「The House I Grew up in」では、一軒の家を舞台に驚きの世界が繰り広げられる。

一人の男性が家の玄関から中に入り扉を閉めると、家の中が次々に部屋ごと入れ替わっていくのだ。

ときには7つに仕切られた部屋に、ときには特大のダイニングスペースに、ときにはファンタジックなシアタールームにと変幻自在なその様子は、まるで夢を見ているかのよう。

やがて何事もなかったかのように、レンガ造りの外壁が現れ、もとの家に姿を戻す。

しかし、実はこのレンガすらもプロジェクションマッピング。本当はシンプルな白い家だというから驚きだ。メイキングの映像を見れば、その裏側がよくわかる。

さまざまな過ごし方の様子から、自分のライフスタイルにあった保険が必要だというメッセージを訴えかけるこの映像作品は、プロジェクションマッピングの魅力を再確認させてくれる。

Vimeo
http://vimeo.com/108892302
http://vimeo.com/108884141

プロジェクションマッピング(まとめ)

The post ファンタジー!プロジェクションマッピングで魔法にかけられた家 appeared first on ISUTA(イスタ)オシャレを発信するニュースサイト.

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP