ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HTC、自社ブランドのタブレットを2015年に投入する計画、低価格モデルは作らない模様

DATE:
  • ガジェット通信を≫

HTC Jetstream

Nexus 9 という 8.9 インチ Android タブレットを引っさげてタブレット市場に戻ってきた HTC が、来年には自社のブランドでタブレットを販売していくことのほか、安いタブレットは作らないつもりであることを公言したそうです。Focus Taiwan が伝えました。HTC は昨日 4 日に台湾で Desire EYE や Nexus 9 の発表会を行い、その際、イベントに参加していた 北アジア市場を統括するHTC幹部の Jack Tong 氏が同サイトからのインタビューで今回のことを明らかにしたと伝えられています。Nexus 9 は Google ブランドの製品なので、HTC ブランドのタブレットは 2011 年の Jetstream が最後になるのですが、2015 年にはHTCブランドで出してくるそうです。仕様やリリース時期は伝えられていません。Tong 氏はまた、5,000 台湾ドル($170)未満の低価格市場は薄利であり、ミッドレンジ~ハイエンド市場は成長と差別化の余地がまだあると述べ、低価格モデルを作らずに中・高価格帯で勝負することを示唆しました。また、7 インチタブレットについては、5.5 インチスマートフォンなどの大画面スマートフォンに侵食されていると言及しており、7 インチモデルも作らないと見られます。Source : Focus Taiwan


(juggly.cn)記事関連リンク
パナソニック、インドで5.5インチAndroidファブレット「P55」を発表、操作性改善のために多数の独自機能を搭載
OPPOは4.6インチフルHDの「OPPO U3」を開発中?
ヤフーのWEBフィルタリング&アプリ利用制限アプリ「Yahoo!あんしんねっと」が全キャリアに対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP