ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パーティシーズン到来! いつもの料理をパーティフードに変える方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

欧米では一般的ですが、日本でも近年ブームになりつつあるホームパーティ。ハロウィンは終わったものの、クリスマスや忘年会も含めて、これから年末にかけてホームパーティをする機会が増えるのではないでしょうか。

ホームパーティにおいて、大きな割合を占める要素が料理です。パーティフードというと、つい大皿料理をイメージしてしまいますが、大皿料理は案外取り分けるのが大変で、自分やゲストの誰かが取り分け役になるなど、気をつかってしまうことも。

おすすめなのは、手軽につまみやすい、フィンガーフードやピックで刺した料理です。

・いつもの料理をパーティフードに
とはいえ、普段の料理では、フィンガーフードやピックで刺したメニューをつくる機会は少ないのではないでしょうか。そこで今回は、定番の家庭料理をかんたんにパーティフードに変えてしまうテクニックをふたつご紹介します。

新たに料理を覚えるのではなく、いつもの料理の盛り付けを変えるだけでOK。パーティフードはそんなに難しいものではないのです。

・ライスペーパーを徹底活用
ひとつめは、ベトナム料理でおなじみのライスペーパー(生春巻きの皮)を使うこと。その名のとおり米が原料なので、さまざまな料理に合うのが特徴です。これで包むだけで、いつもの料理がかんたんにフィンガーフードになります。

ぜひ試してほしいのが、常備菜をライスペーパーで包むこと。筆者は「ひじきの煮物」や「切り干し大根」をライスペーパーで包んだものをホームパーティで提供してきましたが、意外性もあって好評です。

・見た目も楽しいピック肉じゃが
ふたつめは、刺せるものにはピックを刺してみることです。和食の定番人気メニュー「肉じゃが」も、ピックで刺すとパーティフードに早変わり。まずはピックに刺しやすい大きさに具材をカット。後はいつものやり方で肉じゃがをつくり、出来上がったらさやえんどう、じゃがいも、にんじん、お肉と具材を順番にピックに刺していきます。

・パーティに合わせてピックをチョイス
この新感覚肉じゃがも、ホームパーティで出すと「こんな食べ方もあるんですね」と驚かれる一品。パーティに合わせた装飾のピックを使えば、その場にぴったりの雰囲気をかんたんにつくり出せるのもポイントです。

凝った料理をつくろうとすると大変ですが、ライスペーパーやピックをうまく使えば、より手軽にホームパーティを開けるようになります。まだ開いたことがないという方も、今年のうちにホームパーティデビューしてみませんか?

記事: Buzz+(バズプラス) http://buzz-plus.com
執筆: 飯野登起子

飯野登起子
自由大学「おうちパーティ学」「おいしい写真を撮ろう」、尾道自由大学「盛り付けデザイン学」教授。自宅でゲストをおもてなしする「green食堂」や「料理研究会」を100回近く開催。盛り付けデザイナーとして、伊勢丹百貨店等のディスプレイデザインや、企業のためのフードスタイリング、ケータリングも手がける。

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP