ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

極上のマグロを徹底的に楽しもう!東京・中野のマグロ専門店「マグロマート」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


魚の王様といえばマグロ。そんなマグロを様々な希少部位含めて徹底的に楽しませてくれるお店が、中野には存在する。そのお店の名前は「マグロマート」

簡素な作りのお店ながら、接客は非常に丁寧で、初めて伺うとお店のシステムやオススメの注文方法などを細かく教えてくれる。非常に心のこもったおもてなしに、少し緊張の糸がほぐれる。素晴らしいお店に来たと第一印象から感じられるお店だ。

まず、飲み物のメニューに目をやると、非常に素晴らしい日本酒のラインナップに期待が高鳴る。

訪問した時には、「鳳凰美田 純米吟醸 無濾過本生 Wine Cell」や「たかちよ 『青』 純米おりがらみ」など、日本酒好きをも唸らせる、魚介に合わせると最高にうまい日本酒が揃っていた。

食べ物のメニューだが、そのほとんどがマグロを使った料理となっていることに驚く。様々な焼き物、刺身、揚げ物、一品料理などが、マグロを食材の中心として作られており、さすがマグロ専門店と銘打つだけのことはある、と納得させられるほどのこだわりを感じる。今回はオススメのものを順番にいただく事にした。

まずはマグロマート自慢の「マグロ箱」。トロ、赤身、脳天、カマトロ、ホホ、ハラミの6つの部位を500円で楽しめる非常にお得な刺身の盛り合わせ。しかしこのお店、刺身の盛り合わせだけではない。

このマグロ箱を注文すると用意されるのが、アツアツに熱してある溶岩プレート。こちらはホホやハラミを軽く炙って、塩でいただくためのものだそうだ。

それぞれの部位がもつ独特のウマミとマグロの濃厚なコク、刺身でも堪能できるが、少し炙ることによって、マグロの油が溶け出し、香ばしい香りと相まって、また刺身とは違うウマミを感じられるのだ。

それらを味わいながら、極上の香り高い日本酒を合わせる。それは呑兵衛にとって、最高の幸せと言える。

そして、このお店のもう1つの名物、マグロにウニを載せた「本マグロ切り落としウニ乗っけ」をいただく。こちらのメニューは極上の本マグロの切り落としにウニとイクラを乗っけた贅沢な逸品だ。

どこまでも絹のようにやわらかいマグロのトロはそれだけで上品な甘みと濃厚なウマミを楽しめる。そこへウニとイクラを合わせるのだからウマくない訳がないのだ。

口の中にふわっと広がるウニとイクラの味わいと、じわりと広がっていくマグロの甘みとウマミ。絡み合うそれぞれのコクとウマミの三重奏に感動すら覚える。

他にも様々な美味しいメニューがあるのだが、1回でそのすべてを堪能するだけの胃袋を持ち合わせている人はなかなか居ないだろう。何度も通って美味しい日本酒と最高のマグロのマリアージュを楽しんでみてはいかがだろうか。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア




お店 マグロマート ハンチカ
住所 東京都中野区新井1-14-16
営業時間 17:00~24:30
定休日 不定休

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP