ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

京セラ、タフネス仕様のAndroidスマートフォン「Kyocera DuraForce」を米AT&Tに初投入

DATE:
  • ガジェット通信を≫

京セラの米国法人は 11 月 3 日(現地時間)、ベア・グリルス大先生お墨付きのタフネス仕様の Android スマートフォン「Kyocera DuraForce」を現地の大手キャリア AT&T 向けに投入することを発表しました。京セラとしては初の米 AT&T 向けスマートフォンになります。DuraFrorce は、4.5 インチ 1,280 × 720 ピクセルの液晶ディスプレイや Snapdragon 400 MSM8928 1.4GHz クアッドコアプロセッサなどを搭載した LTE 対応の Android スマートフォン。Dura ブランド初のスマートフォンモデルで、IP68 準拠の防水・防塵、米国国防総省の機器調達基準(MIL-810G)をクリアした耐振動、耐衝撃、防水・防塵、耐温度、耐圧、耐高度、耐雨、耐湿度などを備えています。また、京セラ独自のスマートソニックレシーバーも搭載するほか、「Enhanced Push-to-Talk(EPTT)」と呼ばれる AT&T のプッシュ・ツー・トークサービスにも対応しています。DuraForce はビジネスユーザーや官公庁ユーザー向けでもあるミッドレンジクラスの機種で、現地では長期契約無しで $389 2 年契約で $49 で販売されます。発売予定日は 11 月 21 日です。このほか、2GB RAM、16GB ROM(Micro SD 対応)、背面に 800 万画素カメラ、前面に 200 万画素カメラ、3,100mAh バッテリーを搭載。ワイヤレス通信機能は Wi-Fi a/b/g/n/ac/r/k(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth v4.0、NFC、Miracast に対応。セルラー機能は GSM / WCDMA / HSPA+ / FDD-LTE に対応しています。Source : AT&T京セラ


(juggly.cn)記事関連リンク
Moto Maxxの実物写真が複数流出、64GBモデルもあり
米AT&Tがホリデーシーズンに向けた新機種を発表、Desire EYEやGalaxy Note Edgeを11月7日より発売
世界中で使われているAndroidのバージョン別シェア(2014年11月)、KitKatのシェアが30%を超える

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。