ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

佐藤健が「一番好き」と語る名シーンは? 『るろうに剣心 京都大火編』特典映像の一部が解禁!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


2014年、実写邦画作品No.1! 3部作で興行収入120億円突破の大ヒット作『るろうに剣心 京都大火編』のBlu-ray&DVDが12月17日(水)に決定。特典映像に収録される、緋村剣心役の佐藤健さん、大友啓史監督、谷垣健治アクション監督、小岩井宏悦エグゼクティブプロデューサーの4人によるビジュアルコメンタリーの一部が解禁となりました。

【関連記事】『るろうに剣心』佐藤健×伊勢谷友介×大友監督インタビュー「あの時代の“生きる”ってすごく重い」
http://otajo.jp/41021 [リンク]

収録では、撮影当時を振り返った4人。江口洋介演じる斎藤一と、藤原竜也演じる志々雄の闘いから始まる冒頭のシーンから、4人による撮影秘 話が炸裂した。監督が「ロケ地(熊本の万田坑)が画になって、いろいろ撮りたくなってしまった」と語れば、谷垣さんも「シナリオの半ページを映像化するのに、3日もかけていましたよね」と語るなど、本作のスケールの大きさが伝わってきます。

志々雄が炎の中から登場するシーンは佐藤さんが「このシーンが一番好き」と語り、過去の回想で志々雄が火だるまになるシーンでも、小岩井 エグゼクティブプロデューサーが火を使った撮影の後処理に「1週間かけて掃除をした」など、エピソードは尽きません。

4人の熱気が一気に高まったのは、今作で剣心が初めて敵の大群と戦うシーン。監督、谷垣さん、小岩井さんが感嘆の声を上げ、 佐藤の身体能力を絶賛。ほか、藤原竜也さん、伊勢谷友介さん、神木隆之介さん、田中泯さん、土屋太鳳さんらのアクションシーンを振り返り、 各ャストの奮闘ぶりを語っています。谷垣さんの語るアクション秘話が、実に興味深いので要チェックです。

アクションだけが魅力でない本作。剣心が京都を火の海にするという志々雄の陰謀を阻止すべく、京都に向かう道中、志々雄一派から家族を失った少年を救うシーンについても言及。監督が「剣心の台詞が本当にいいし、心意気に何度見ても泣ける」とコメント。佐藤さんも「本当の強さとは何か。剣心を通して、今を生きる人たちに感じてほしいですね」と作品のテーマについても話し手ています。

『るろうに剣心 京都大火編』において撮影秘話を語り尽くした4人。『るろうに剣心』ファンにはたまらないエピソードが盛りだくさんの内容となっていることは間違い無しです。

動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=YsYhanYEvHs


http://wwws.warnerbros.co.jp/rurouni-kenshin
『るろうに剣心 京都大火編』
2014年12月17日(水)ブルーレイ&DVDリリース  レンタル/オンデマンド同時開始
セル発売・販売元:アミューズソフト/レンタル&オンデマンド発売元:ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

(C)和月伸宏/集英社 (C)2014「るろうに剣心 京都大火」製作委員会

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP