ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xiaomiは9.2インチタブレットを開発中? 「Xiaomi 2014811」がGFX Benchの公式サイトに登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国メーカー 小米科技(Xiaomi)の新型タブレットかもしれない「Xiaomi 2014811」のスペック情報が GFX Bench の公式サイトに登録されました。同サイトによると、Xiaomi 2014811 は 9.2 インチ 1,280 × 720ピクセルのディスプレイを搭載しています。今夏に発売された 7.85 インチの Tegra K1 タブレット「MiPad」よりも大きい機種のようです。ただ、画面比がスマートフォンで主流の 16:9 が少し気になります。オンスクリーンボタンを考慮すると、正確には 1,280 × 768 ピクセル(15:9)なのかもしれません。また、他の部分については、Android 4.4.4 (KitKat)、1.2GHz 駆動の Snapdragon 410 (Adreno 306 GPU)、0.9GB RAM、5.8GB ROM を搭載しています。しかし、前後カメラは非搭載と記載されています。カメラ無しのタブレットは無いわけではありませんが、激安タブレットでも前面カメラはあります。それを省いたとなれば、低価格が売りの Xiaomi です。価格は相当安いと思います。Source : GFX Bench


(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia Z3(D6653)とXperia Z3 Compact(D5833)に「23.0.1.A.1.43」ビルド、Xperia Z3 Dual(D6633)に「23.0.F.1.82」ビルドのファームウェアが追加
Lenovo、Motorola Mobilityの買収完了を発表
Moto 360の新ラインアップ、メタルバンドモデル 4種類とレザーバンドモデル“Cognac” 1種類の製品情報が米Amazonで公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP