ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

現代人には必須?スマートブレスレット「Olive」はストレス対処をアドバイス

DATE:
  • ガジェット通信を≫

何かとストレスの多い現代。完全にストレスフリーという人はそういないだろう。

本人が認識していないところで感じるストレスもあり、蓄積すると生活の質低下、ひいては万病の元となることもある。

そこで、ストレスを自覚し、早めに対処・管理してQOL改善につなげようというのが、資金調達サイトIndiegogoにこのほど登場したスマートブレスレット「Olive」だ。

◆心拍、体温などでストレス検出

Oliveは一見腕時計のようだがセンサーを内蔵し、心拍や体表温度、皮膚コンダクタンス(電気伝導度)、体の動きなどをとらえる。そうしたデータを元にストレスレベルが算出され、ユーザーは自身のストレス度合いをスマートフォンの専用アプリで確認できる仕組みだ。

もちろん、ストレスの有無がわかるだけではなく、Oliveはユーザーのストレスを検出すると表面のLEDライトが輪のように光り、ユーザーに深呼吸やエクササイズなどをしてリラックするよう促す。

◆運動や睡眠のチェックも

また、Oliveは運動量や睡眠の質もチェックしてくれるので、そうした面からの健康管理にも役立てることができる。

つまり、運動や睡眠が不足するとストレスを抱えやすくなるが、ストレスになる前に運動・睡眠不足の改善を促せば、ストレス予防につながるわけだ。

小売価格は150ドルを予定しているが、Indiegogoで展開するキャンペーン(11月9日まで)では129ドルで入手できる。米国・カナダ以外への発送はプラス25ドル。

すでに調達目標額を達成し商品化は確実となったので、興味のある人は早めにチェックするとよさそうだ。

Olive/Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP