ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自転車を漕ぐだけで空気中から飲み水を作り出せるガジェットが登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Fontus

エコな乗り物として、近年ますますポピュラーになっている自転車。

その自転車で、“深刻化する水不足問題を解決しよう”という驚きのアイデアが発表された。

・1時間の走行で0.5リットルの水が溜まる!?

Fontus

オーストリア出身のKRISTOF RETEZÁRさんが考案した「Fontus」は、自転車に取り付けるだけで、空気中の水蒸気を水に変えることができる小型ガジェット。

次世代のデザインエンジニアを支援する「ジェームズ・ダイソン・アワード」にエントリーされ、いま注目を集めている。

取り出せる水分量は環境にもよって変化するが、ある程度湿度のある場所の場合、1時間の走行で0.5リットルほど。

・飲み水として利用可能

Fontus

ペットボトルに溜まった水は、飲料用にもなり、水を購入できない自然の中や僻地はもちろん、長距離サイクルなどでも役立ちそう。

その仕組みは温度差を利用したもので、内蔵のクーラーが湿った空気を急激に冷却することにより、水を取り出すことができるという。

クーラーに使うエネルギーは太陽光を利用しており、まさにクリーン&エコなガジェットといえそうだ。

・地球規模の水不足解消にも期待

Fontus

今後は水の生成効率アップなどが待たれるところだが、アジアや中央アメリカなど湿度が高いエリアに適しており、発展途上国などの水不足解消にも一躍買ってくれるのでは?と期待されている。

ちょっとしたサイクリングにも役立ちそうなので、製品化のあかつきにはぜひ日本でも販売してほしいものだ。

ジェームズ・ダイソン・アワード
http://www.jamesdysonaward.org/ja/projects/fontus-2/

自転車(まとめ)

The post 自転車を漕ぐだけで空気中から飲み水を作り出せるガジェットが登場 appeared first on ISUTA(イスタ)オシャレを発信するニュースサイト.

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。