ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

最近どんな二段ベッドが人気なの? 最新事情を探ってみた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

二段ベッドのイメージというと子どもが使うものというイメージだが、最近の二段ベッドは大きさやデザインが大人仕様のものなどさまざまな種類がリリースされているそうだ。そこで大阪府枚方市にある株式会社マルトク家具の店長中村さんに二段ベッドの最新事情についてお話を伺った。

まずは、二段ベッドの種類から。「市販されている二段ベッドはおおむね120~150種類で、大きくカテゴリー分けするとしたら、高さ関係はロータイプ・標準・ハイタイプ。長さは標準とショート仕様で棚付き、と棚無しとなります。細分化すると、棚付き・ロータイプ・ハイタイプ・ペアベッド(親子ベッド)大人用二段ベッド、三段ベッドやロフトベッドなどのシステムベッドもあります」

ところで二段ベッドにも流行りや廃り、また人気のある種類などもあるのだろうか?「シンプルなデザインで強度に優れ、さらに大人になっても使える物が人気もあり、多くの皆さんが購入されます」

最新の二段ベッドの特徴は?「10年前と比較すると余分な加工をほどこさないシンプルなデザインが増え、素材も以前はラバーウッドかパイン材だったものがタモ材、ウォールナットなどの高級素材も使われ始めています」

二段ベッドに高級素材とは意外である。ちなみにマルトク家具では、“丈夫で頑丈”、“子ども用に購入しても、大人になってからもずっと使える”、“デザインはシンプルなもの”、この3点を二段ベッドを販売する上での基準にしているそうだ。

さらに、こちらではほとんどの二段ベッドを店長自ら仕入れているそう。二段ベッド選びに困ったり、相談したいことがあれば、店長も含めたスタッフが解決してくれるだろう。●取材協力
株式会社マルトク家具
HP:http://www.marutokukagu.com
元記事URL http://suumo.jp/journal/2014/10/29/72122/

【住まいに関する関連記事】イケアの裏側も見られる? 1泊2日で開催されるイケアのお泊まり会
ホームパーティー開催時に気をつけておきたいお掃除ポイント
話題のインテリア誌『MAISHA』が選ぶ、新生活ピッタリの家具店
気鋭のインテリアデザイナー・小林幹也氏のコレクションが開催中!
最近の学習机の売れ筋は? カリモク家具に聞いてみた

住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP