ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

最近の学習机の売れ筋は? カリモク家具に聞いてみた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

子どもが小学生にもなると、学習机が必要になってくる。しかし、今の学習机は昔と違ったものが多く、住環境も変わってきているので、どういう学習机が良いか分からないと悩む親御さんも多いだろう。そこで子どもの部屋づくりの座談会なども行っている家具メーカー、カリモク家具の中埜さんに学習机についていろいろとお話を伺ったのでご紹介しよう。

まずは、カリモク家具で人気の学習机を聞いてみた。「売れ筋は、子どもから大人まで使えるタイプの机ですかね。これは、全てが一体のものではなく、単体のデスクがあり、オプションで引き出しやデスクワゴン、本棚などの収納部分を、お好みで選び組み合わせるものです」

なるほど。それならニーズに合わせた机選びが出来て、子どもから大人まで使えるというのもうなずける。今の親御さんたちは、小さいころに学習机を使って来た世代なので、学習机の良い部分、悪い部分なども経験上理解している人が多く、大人になっても使うことのできる机を選ぶ人が多いようだ。「昔は入学時などに学習机を買ってもらい、大きくなったら捨ててしまうことも多かったので、大人になっても末永く使えるような、シンプルなデザインのものを選ばれる方が多いですね」

昔の学習机といえば、子ども心をくすぐるキャラクターや充実した機能が充実していたが、最近はシンプルな物が人気のよう。学習机を選ぶポイントなども聞いてみた。「学習環境や住環境に合わせて優先順位を整理して選ぶと良いでしょう。“部屋のサイズに合わせる”、“収納の多さを重視する”等のポイントを整理して提示していただければ、それに合った組み合わせをご紹介させていただきます」

最近の傾向としては、昔のように勉強部屋に学習机を置くのではなく、親御さんの目が届くリビングに置く傾向が多いとのこと。カリモク家具のメーカーショールームでは各種机の機能説明はもちろん、組み合わせのアドバイスなども行っているので、学習机を購入しようと考えている親御さんは、相談してみてはいかがだろうか。●取材協力
カリモク家具
HP:http://www.karimoku.co.jp/
元記事URL http://suumo.jp/journal/2014/10/28/72136/

【住まいに関する関連記事】ホームパーティー開催時に気をつけておきたいお掃除ポイント
実家と新居が近いならアリ!? 必要なモノをちょこちょこ運ぶ「紙袋ひっこし」
勉強がはかどる家ってどんな家? プロの家庭教師・建築士に聞いた
これって悪趣味? 部屋づくりで気を付けておきたい4つのルール
海外旅行での家具購入。輸入規制や関税について知っておきたいこと

住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP