ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、大画面化・スペックを強化したシニア向けスマートフォン「シンプルスマホ2」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバンクは 10 月 28 日、シニア向けスマートフォンの新モデル「シンプルスマホ 2」を発表しました。この機種は 2014 年 11 月下旬以降に発売されます。「シンプルスマホ 2」は、スマートフォンを初めて使用するシニア世代の方でも簡単に利用できるようにシンプルな画面構成と操作性を考えたボタン配置、画面の見易さにこだわった機種。NTT ドコモの「らくらくスマートフォン」の対抗馬になります。製品ライン的には昨年 5 月に発売された「シンプルスマホ」の後継となります。新モデルもシャープが製造を担当していおり、大画面化と全体的なスペックの強化を中心に改良されています。「シンプルスマホ 2」のディスプレイサイズは 4.5 インチ 1,280×720 ピクセルに拡大し、文字とアイコンを大きくしたわかりやすいメニュー画面「シンプルラインホーム」をホーム画面に採用。液晶画面の下には「電話」「ホーム」「メール」の専用ボタンを搭載しており、液晶をタッチしなくても電話やメールに応答できます。また、画面中のアイコンを押すと青い丸がアイコンに表示されるのと同時に、指先に振動が伝わるなど「押した」感も実現しています。このほか、声でアプリを起動できる「スマート音声操作」、メールを読み上げる「音声読み上げ」機能を搭載し、IPX5/X7の防水、背面に緊急ブザーボタンも搭載しています。OS:Android 4.4.2(KitKat)サイズ:134 × 65 × 11.1mm、質量132gディスプレイ:4.5インチ、解像度1,280×720(HD)、S-CGS液晶、1,677万色チップセット:Qualcomm Snapdragon 400 MSM8926 1.2GHzクアッドコアメモリ:RAM 1.5GB、内蔵ストレージ 8GB、microSD/microSDHCリアカメラ:800万画素CMOS、AF、フラッシュ付きフロントカメラ:120万画素CMOS対応周波数:GSM(900 / 1800 /1900MHz)、WCDMA(900 / 2100MHz)、FDD-LTE(900 / 1700 / 2100MHz)、AXGP 2600MHz通信機能:Wi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0、赤外線通信(IrDA)外部端子類:-センサー類:-バッテリー :2,400mAhおサイフケータイ:非対応ワンセグ:○フルセグ:×赤外線通信:○(IrDA)テザリング:○世界対応ケータイ:○(海外はWCDMAのみ)防水・防塵:○(IPX5/IPX7相当の防水)S!メール:○デコレメール:○3Gハイスピード:○SoftBank 4G:○SoftBank 4G LTE:○Hybrid 4G LTE:○緊急速報メール:○カラバリ:シルバー、ピンク、ネイビーブラックSource : ソフトバンク


(juggly.cn)記事関連リンク
Cyanogen、Nextbit Systemsと提携してAndroid向けのクラウド同期・バックアップソリューション「Baton」を発表
Microsoft、Office 365契約者向けに「OneDrive」のストレージ容量を無制限化
Google、Android版ハングアウトの音声通話で最初の1分間を無料化、25か国で適用

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP