体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

奥田民生の弾き語りライヴツアーファイナルにYO-KING、吉井和哉、斉藤和義、寺岡呼人がゲスト出演

エンタメ

9月22日の広島フリーライブを皮切りにスタートした、奥田民生ソロデビュー20周年記念ライヴ「いきあたり股旅」。広島、東京、大阪、福岡、仙台で開催された同公演は、北海道・札幌の道新ホールにてファイナルを迎え、YO-KING、吉井和哉、斉藤和義、寺岡呼人がゲスト出演した。

10月24日@北海道・札幌の道新ホール (okmusic UP's)

「ようこそお越しくださいました。奥田民生です。」「軽い気持ちで弾き語りを3ヶ所くらいやろうと思いまして、増えてきて最後に札幌まで来ました。ツアーみたいになっちゃいましたが、本日が最終日です。」「みたらわかるけど、最後まで1人でやります。」と「息するように」からスタート。“股旅”ではお馴染みの名曲たち「野ばら」や「The STANDARD」が披露されていく。また、客席からのリクエストに応え、「ひとりカンタビレ」ツアーの札幌公演でレコーディングした「かたちごっこ」を演奏するなど、アットホームな一幕も。その後、UNICORNの「すばらしい日々」で第一部を締めくくり、休憩時間を挟んで第二部へ。

実は各公演で豪華ゲストを迎えて行われてきたこのツアー。ファイナルとなる札幌公演ではその集大成とも呼べる贅沢なアーティスト勢が顔を揃えた。まずステージに登場したのはYO-KING。登場すると会場に大きな歓声が上がる。自身の「Hey! みんな元気かい?」を奥田にかわりソロで弾き語り、PUFFYの「MOTHER」を奥田とYO-KINGとで歌い上げる。ゲスト2人目には吉井和哉が登場。更に輪をかけた歓声が上がると、奥田お気に入りのTHE YELLOW MONKEYの「球根」を披露。2人でパートごとに歌い分け、サビでは見事なハーモニーで熱唱する。吉井の希望でPUFFYの「アジアの純真」もカバーし、会場に大合唱が巻き起こる。さらに、MANNISH BOYSのライヴで札幌入りしていた斉藤和義も駆けつけ、「恋のかけら」、「ずっと好きだった」をエレキギターで弾き語り、観客を魅了。そして最後に寺岡呼人が登場し、奥田とのユニット「寺田」でヒットソング(笑)メドレーを披露!モニカマンで笑いを取る。

アンコールではオールキャストでカリキュラマシーンの「「3」はキライ!」を3回演奏。ここ北海道がファイナル公演と言う事で、吉井和哉のカバーアルバム「ヨシー・ファンクJr.~此レガ原点!!~」にも収録されている吉田拓郎の「襟裳岬」を熱唱し大団円を迎えた。それでも鳴りやまない拍手に、奥田が再度ステージへ登場し、ダブルアンコールで「さすらい」を披露すると、会場一体となった大合唱で「いきあたり股旅」ツアーを大成功の内に終えた。

photo by 山本倫子

「いきあたり股旅」セットリスト
2014年10月24日 札幌
ゲスト:YO-KING・吉井和哉・斉藤和義・寺岡呼人
<セットリスト>
■一部
息するように
羊の歩み
野ばら
The STANDARD
カヌー
かたちごっこ
すばらしい日々(UNICORN)
■二部
ひとりカンタビレのテーマ
Hey! みんな元気かい?  YO-KING ソロ
MOTHER  w/YO-KING
球根(THE YELLOW MONKEY) w/吉井和哉
アジアの純真  w/吉井和哉
恋のかけら  w/斉藤和義
ずっと好きだった(斉藤和義) w/斉藤和義
寺田メドレー  w/寺岡呼人
モニカマン(モニカ+ヤングマン) w/寺岡呼人
CUSTOM
■ENCORE
「3」はキライ!(カリキュラマシーン) w/YO-KING・吉井和哉・斉藤和義・寺岡呼人
襟裳岬(吉田拓郎) w/YO-KING・吉井和哉・斉藤和義・寺岡呼人
■W. ENCORE
さすらい

1 2 3 4次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会