ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

手話をその場で音声化してくれるガジェットがついに登場!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

近頃はバリアフリーという言葉も一般的になってきているが、未だになかなか解決できないのが、手話を話す人たちとの“コミュニケーション・バリア”だ。

手話と音声言語の間にある壁を取り除きたい…そんな思いから、驚きの新ガジェットが開発された。

それが、この「UNI」。一見すると、よくあるタブレット端末のようだが、実は最新のモーション・センサーが搭載されており、なんと手話をその場で音声に翻訳してくれるのだ!

もちろん、その逆も可能で、音声言語をすぐにテキスト化し、モニターに映し出すことができる。

これさえあれば、筆談に頼らずとも、スムーズにコミュニケーションがとれるというわけだ。

開発を手がけたのは、米名門・ロチェスター工科大学出身の聴覚障がい者チーム「MotionSavvy」。エンジニア、デザイナーなどのプロが、自らの経験をもとに作り上げたというわけだ。

今後は、スマートフォン対応などにも取り組んで行きたいとのことで、数年後には当たり前の技術になっているかもしれない。

「UNI」は、クラウドファンディングサイト「Indiegogo」にて12月20日まで資金提供を受け付けており、199ドルの出資で製品1つが贈呈される。発送は2015年末の予定。

日本語対応が待たれるところだが、「コミュニケーション・バリアを壊したい!」という、熱い思いに心を打たれた方は、ぜひ出資してみては?

Indiegogo
https://www.indiegogo.com/projects/motionsavvy-uni-1st-sign-language-to-voice-system

ガジェット(まとめ)

The post 手話をその場で音声化してくれるガジェットがついに登場! appeared first on ISUTA(イスタ)オシャレを発信するニュースサイト.

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP