ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本のお笑いに変革与える大イベント『THE EMPTY STAGE』 千原ジュニアさんが思いを語る

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

tihara

いま全国のお笑いファンの間で話題となっている『THE EMPTY STAGE in ROPPONGI』

人気お笑いタレントの千原ジュニアさんが”支配人”として開催するイベントで、見所は芸人がたった一人で台本も小道具もなしに繰り広げる30分~40分の『Stand-Up One-Man Talk Show (一人喋りショー)』とアメリカ最大級のコメディ集団『The Second City』にインスパイアされた即興コント。

芸人にとってはこれまでの常識を覆すハードな内容だが賛同者は多数にのぼり、キャパわずか100人程度の会場にも関わらずジュニアさんのほかケンドーコバヤシさん、陣内智則さん、小籔千豊さん、メッセンジャー黒田さんら豪華メンバーが日替わりで出演するという豪華さだ。

10月23日配信分の芸人動画ニュースサイト『デイリーよしもと』(http://daily.ynn.jp)では宣伝ポスター撮影直後のジュニアさんに直撃インタビューをおこない、イベントに向け燃えたぎる心の内を聞き出すことに成功した。

千原ジュニア 一人喋りショーに無言のアピール!?
https://www.youtube.com/watch?v=A4klY-AUNJQ

「俺マジでやるから!」

と熱く宣言するジュニアさん。

この日本初の試みははたして日本のお笑い界にどのような変革をもたらすのか。
あなたも歴史の目撃者になろうではないか。

THE EMPTY STAGE in ROPPONGI

pos

【日時】2014年12月1日(月)~12月14日(日)
【会場】東京・PALAZZO DUCALE 麻布
http://palazzo-ducale.jp/
【出演】
Stand-Up One-Man Talk Show
千原ジュニア / 博多華丸・大吉・大吉 / 矢野・兵動・兵動 / メッセンジャー黒田 / ココリコ田中 / ケンドーコバヤシ / 陣内智則 / 中川家・礼二 / 小籔千豊 / サバンナ高橋 / 次長課長・河本 / チュートリアル徳井 / 品川庄司・品川 / 麒麟・川島 / 千鳥・大悟 / ピース綾部 / キングコング西野 / ウーマンラッシュアワー村本

The Second City Japan Show
・TeamA バッファロー吾郎A / ギンナナ / 少年少女坂口 / いぬ
・TeamB バッファロー吾郎・竹若 / キングコング梶原 / 2700 / インポッシブル
・TeamC 水玉れっぷう隊 / かりすま~ず幹 / 犬の心 / スパイク
・TeamD 2丁拳銃・修士 / とにかく明るい安村 / かたつむり / チョコレートプラネット
・TeamE 2丁拳銃・小堀 / ニブンノゴ!宮地 / 御茶ノ水男子 / 横澤夏子 / 平田敦子
・TeamF デッカチャン / POISON GIRL BAND阿部 / チャド / ピクニック / 伊藤修子 / 児玉絹世
・TeamG てつみち / ジェラードン / かりすま~ず・あゆ / 伊藤真奈美

【チケット】前売り3900円 当日4300円(整理番号付き自由席。別途1オーダー制)

チケットよしもと(TEL 0570-550-100 10時~19時)
チケットぴあ(Pコード 440-398 / TEL 0570-02-9999)
フジテレビダイレクト

『デイリーよしもと・千原ジュニア 一人喋りショーに無言のアピール!?』

http://daily.ynn.jp/detail.html?page=&p=4eecc7a091d11b39e33fa53cea8a0503

※画像は『THE EMPTY STAGE in ROPPONGI』公式サイトから引用しました
http://the-empty-stage.jp/

中将タカノリの記事一覧をみる ▶

記者:

1984年生まれ。奈良市出身のシンガーソングライター、音楽・芸能評論家。加賀テツヤ(リンド&リンダース)の誘いで2005年にデビュー。音楽活動、タレント活動、執筆活動と多岐にわたる分野で活躍している。代表曲に「だってしょうがないじゃん」(2011年)。2016年からキャラクター、音楽制作を務める「うえほんまち ハイハイタウン」CMが放送開始。日本酒が好き。

ウェブサイト: http://chujyo-takanori.com

TwitterID: chujyo_takanori

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。