ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

iPhone 6がデジカメに!シャッターボタン付きケース「SNAP! 6」登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートフォンで撮影する人は多いだろう。昔に比べ性能が大幅に良くなり、デジカメより使用頻度が高いという人もいるかもしれない。

もしあなたがiPhone 6ユーザーで、端末で頻繁に写真を撮るなら、このほどKickstarterに登場した「SNAP! 6」は検討する価値があるかもしれない。

◆片手撮影でも安定

SNAP! 6はシャッターボタンがついたスマホケース。スマホを入れてレンズ部分が左にくるように横にして構えると、従来のデジカメのようにシャッターボタンが右手部分にくるというデザインだ。

このケースを使うことのメリットは、グリップがついているので手にフィットして持ちやすく、持つ手が安定し片手撮影でもブレが少なくなること。そして、もう片方の手が写ってしまうのも防げる。

◆外付けレンズ3種

また、ワイドレンズなどをつけられるのも売りだ。用意されているのは、ワイドの他にマクロと望遠のレンズ。これらを使えば撮影の幅がかなり広がるので、プロ並みの撮影をiPhoneで楽しめる。

小さいことだが、ストラップホールもあるので、ストラップを手首に通せばうっかり落下を防げそう。撮影時だけでなく持ち歩きにも便利だろう。

◆リーズナブルな価格設定

とにかく、iPhone 6でどんどん撮影して!というキットだ。Kickstarterでは、ケースとストラップのセットが45ドルの出資、ケースとワイドアングルレンズのセットが49ドルの出資と、リーズナブルに入手できる。

ケースやレンズ、ストラップの組み合わせパターンは複数用意されているので、ニーズに合わせて選べる。

開発を手掛けた台湾拠点のスタートップ「Bitplay」は今後、SNAP! 6専用の写真撮影・編集アプリ(無料)を11月初旬にもリリースする予定のようで、アプリも活用することで撮影がますます楽しくなりそうだ。

SNAP! 6/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP