ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

芸術の秋と食欲の秋をまとめてしまうオモシロ食器たち!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

芸術の秋と食欲の秋を同時に楽しめ、おまけに思わず吹き出してしまうような面白い食器があるのをご存じだろうか? かわいいものから面白いもの、エグいものまで、アートな感覚で楽しめる陶器全般を製作している株式会社サンアートがそのメーカーだ。そこで株式会社サンアートの企画担当の深川さんにお話を伺ったので紹介したい。

まず、このような食器をつくりはじめたきっかけを聞いてみた。「ご家庭においてほとんどの時間、食器というものは棚などにしまわれています。そのときにただ収納するのでは面白みがないので、まるでそこに飾られているかのような、アイテムをつくったのが始まりです」

はじまりは、組み合わせると雪だるまになるティーカップとポットだったそう。ところで、ティーセットから始まったかわいい食器たちだが、ほかにはどんなものをつくっているのだろうか?「陶器の会社ですので陶器全般をつくっています。食器を中心にバス・サニタリー用品や縁起物など。珍しいものでは当社が開発した電気を使わない陶器の加湿器などもあります」

陶器全般を製作しているなかでも、おすすめの商品を聞いてみた。「今人気があるものは、料理を盛り付けた時点で完成する『フェイスディッシュ』というお皿です。例えば髪の毛の無いベートーベンの絵を描いたお皿の髪の毛部分に、料理を盛り付けると絵が完成する様になっているお皿です」

このお皿にはベートーベンのほかにもアインシュタイン、野口英世、石川五右衛門などの髪の毛に特徴のある偉人のモチーフあり、料理や食事、片付けをする時間までが楽しく過ごせそうだ。「ほかの人気商品では、お茶碗の上に汁椀を乗せると帽子の形になる『まんぷくシリーズ』という食器があり、お子様やプレゼントとして人気がありますね」

それらのユニークな食器たちには、どんな料理を盛り付けると合うのだろうか?「イマジネーションを働かせ、お好みで盛り付けて楽しんでいただけたらと思いますが、髪の毛の部分にはパスタがおすすめです」

ちなみに便器の形をしたカレー皿をご存じの方も居ると思うが、株式会社サンアートが面白食器で有名になったきっかけの作品がそれだ。そんなユニークな食器たちは雑貨店やネットからも手に入るとのこと。この秋は是非食欲とアートを同時に楽しんでみてはいかがだろう。●取材協力
株式会社サンアート
HP:http://www.sunart-seto.co.jp/index.html
元記事URL http://suumo.jp/journal/2014/10/21/71559/

【住まいに関する関連記事】元祖「亀の子束子西尾商店」発信の進化系たわしで、自分磨き!?
「日本のガウディ」と呼ばれた、梵寿綱のマンション「ドラード早稲田」
町家×現代アートの魅力を堪能!「奈良・町家の芸術祭HANARART」
生ゴミを肥料に変える塀、落ち葉から創熱…超エコなアイディアが大集合
日本人なら箸にこだわれ!バウハウス資料美術館に展示された「箸」とは

住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP