体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

芥川賞作家・柳美里に直撃インタビュー 〜月刊「創」原稿料未払い事件を語る〜

柳美里さん

2014年10月15日、作家・柳美里(ゆう・みり)さんが月刊誌「創」(つくる)の原稿料未払い問題をブログで告発した。芥川賞作家への原稿料が何年も支払われない出版社のブラック企業体質は、大きな話題となった。執筆で多忙な柳さんは、今回の問題についてメディアの取材は1件も受けていない。10月20日、柳さんはガジェット通信取材班のインタビューに初めて応じた。

「原稿料が払われなければ水道が止まってしまう」

この10年間、自己破産を考えてもおかしくないほど、わたしの生活は困窮していました。今も困窮状態から完全に脱したとはいえない状態です。今日(10月20日)文藝春秋から原稿料が振り込まれたので、10月21日に水を停めると「給水停止通知書」で最終通告されていた水道料金を水道局に支払いに行ってきたところです。高校受験目前の息子の塾の授業料も何カ月も滞納し、塾長から「除籍にします」と電話がかかってきました。

大学教授やテレビのコメンテーターなどを務めながら原稿を書いている人もいますが、わたしの場合、(ごく稀に引き受ける講演やテレビ出演を除き)基本的に書くことだけで食べています。原稿料以外の収入源はありません。

「創」のエッセイは、2007年8月号から連載を続けています。当初、篠田博之編集長からは「400字3枚で5万円」という説明を受けました。2007〜08年は定期的に入金があったものの、2009年以降は入金が途絶えがちになり、2011年以降はほとんど支払われていません。

篠田編集長は原稿料未払いについて、わたしに「『創』の状況を理解した上で応援してくれていると都合よく考えてしまっていた」と言い訳してきました。これは、嘘です。わたしはこれまで、篠田編集長に原稿料の催促を何度もしています。全財産が小銭まで目減りし、宝飾品や切手を金券ショップに売りに行った話などは「創」連載に何度も書いているわけですから、わたしがお金に困っていることを篠田編集長が知らないはずはないのです。

「創」は支払調書を発行しませんから、過去に入金があったぶんの内訳がわかりません。現時点で、いったい原稿用紙何枚分の原稿料が支払われており、何枚分の原稿料が未払いなのか。対談集(『沈黙より軽い言葉を発するなかれ』2012年8月30日発刊)の印税は全額支払われているのか。明細と未払い稿料の支払い時期を示すようお願いしているのですが、10月21日現在、篠田編集長から返答はありません。

芥川賞作家の原稿料が400字あたり1,500円!?

担当者から原稿料なり報酬の金額が提示されないとき、わたしは必ず最初に確かめてきました。そこで提示された金額が安いからといって、仕事を断るわけではありません。「演劇ぶっく」という雑誌で映画評を書いていたときの原稿料は、400字1,000円だったと記憶しています。「図書新聞」にエッセイを連載していたときは、400字1,500円でした。つい最近小説を書いた「文學界」や「文藝」は、400字5,000円です。400字5,000円だから仕事を受けるとか、1,000円だから受けないということではありません。

わたしの戯曲が上演される場合は、上演料として70万円が支払われることもありますが、高校の演劇部が校内やコンテストで上演するなど、観客から観劇料を取らない場合は、もちろん無報酬でも上演許可を出しています。

講演会やトークショーは基本的にお断りしていますが、例外的に引き受けることもあります。それは報酬額によって決めるのではなく、依頼主に対する恩義の有無、そして、自分にとって意味があるかどうか、です。報酬が50万円のときもあれば、交通費込みで3万円のときもあります。

わたしはキム・ギドク監督の映画を高く評価しています。キム・ギドク監督の映画の配給会社の担当者から、「予算がないので、大変申し訳ありませんが、ノーギャラでお願いします」と依頼されましたが、作品が素晴らしかったので、一人でも多くの人に観てほしいと思い、推薦文を書きました。わたしの数少ない友人の一人である岡映里さんのデビュー作『境界の町で』の帯文も、作品の内容が素晴らしかったので無償で引き受けました。提示された原稿料がタダだったとしても、著者が納得すれば執筆することもあり得るのです。

篠田編集長の場合、原稿用紙3枚で5万円の原稿料、というのが連載依頼時に提示した条件でした。わたしが原稿料の支払いを督促する中、篠田編集長から「創出版の財政が危機的状況なので、稿料を半額にしてほしい」とか「同人誌だと考えて、無料で書いてほしい」といった相談は一度もありませんでした。それどころか、「底を打った感じなので稿料を上げられそうです」というメールを送ってきたこともあるぐらいです。その後、稿料の単価が上がった形跡はありませんが……。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。