ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国 MeizuとAlibabaが共同で新プラットフォーム「Flyme powered by YunOS」を開発、Meizu MX4ゴールドモデルとシルバーウィングモデルを限定販売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国の大手スマートフォンメーカー 魅族(Meizu)は 10 月 21 日、現地の大手 EC サイト 阿里巴巴(Alibaba)と提携しで Meizu スマートフォン用の新プラットフォーム「Flyme powered by YunOS」と、それを搭載した Meizu MX4 限定モデル「金色版(ゴールド版)」と「银翼版(シルバーウィング版)」を発表しました。Flyme powered by YunOS は、Alibaba の持つ YunOS 3.0 に Meizu の Flyme OSの UI を盛り込んだもので、YunOS の安全性、決済機能、パフォーマンスが売りなんだとか。詳しくはわかりません。この日発表されたゴールド版は金色のバックカバーを採用した新色で、シルバーウィング版はユーザーによってデザインされた Meizu MX4 を製品化したものです。それぞれ 1 万台限定で販売されます。価格は通常 のMeizu MX4 と同じ 1,799 元(約 31,300 円)で、現地で明日(10 月 22 日)より予約受付が行われます。Source : Weibo(Meizu)


(juggly.cn)記事関連リンク
米国のAmazon.comがNexus 9の専用キーボードケース「Nexus 9 キーボード フォリオ」の予約受付を開始
Android 5.0(Lollipop)でGoogle Earthがv8.0にバージョンアップ、アプリUIがMaterial Design仕様になってGoogleドライブからのインポート(GPSログやジオタグ付き写真など)も可能に
Samsung、オランダ向けに「Galaxy S 5 Plus(SM-G901F)」の製品ページを公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP