ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Nexus 6にはスリープ中の画面に通知をタイムリーに表示する「Ambient Display」機能が搭載

DATE:
  • ガジェット通信を≫

11 月に発売される予定の新型 Nexus スマートフォン「Nexus 6」に「Ambient Display」と呼ばれる独自の通知機能が実装されていることが判明しました。「Ambient Display」は Moto X に見られる「Active Display」のような機能です。スリープ中に通知を受信した場合や通知を受信した後で端末を持った際に真っ暗な画面に通知内容を表示するという動作内容になります。ただし、Google Play ストアの説明によると、「Ambient Display」はバッテリーを消費するので有効にすると使用時間が短くなります。

Standby time (Ambient Display on ): up to 250 hoursStandby time (Ambient Display off): up to 330 hours

「Ambient Display」は Nexus 6 に搭載されている機能なので、他社の機種でも利用できると予想されますが、おそらく、Motorola 製ということで Moto X の特徴的な機能である「Active Display」を移植しただけで、他社の機種では公式には利用できないと思います(カスタム ROM だと利用できるかも)。上図は流出した Nexus 6 のシステムダンプをベースに作成された Nexus 4 用のカスタム ROM で撮影されたものです。Source : Google+


(juggly.cn)記事関連リンク
OPPO N3の回転式カメラは機械で自動的に回転する仕組み
Android 5.0(Lollipop)の機能紹介 : 「印刷」の画面がリニューアル、印刷プレビューも可能に
1shopmobile.comが「Moto 360」の販売を開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP