体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

朗読ならではの「間」を感じてほしい―声優・斉藤壮馬さんインタビュー(1)

朗読ならではの「間」を感じてほしい―声優・斉藤壮馬さんインタビュー(1)

 普段、作家や著者たちに話を聞いている新刊JPが、「朗読」にスポットをあて、本を朗読している人にお話を聞くインタビュー企画。第3回は、オーディオブック版『デルトラ・クエスト』シリーズ(岩崎書店/刊、公式ページはこちら)の主人公・リーフ役や、オーディオブック版『桐島、部活やめるってよ』(集英社/刊、公式ページはこちら)の前田涼也役を演じている斉藤壮馬さんが登場。

 斉藤さんは気鋭の声優として『アカメが斬る!』(タツミ役)、『残響のテロル』(ツエルブ/久見冬二役)、『ハイキュー!!』(山口忠役)など多数のアニメ番組に出演。今、最も勢いのある若手声優の一人といっても過言ではない。
 そんな斉藤さんは、本を音声化した「オーディオブック」や、「朗読」をテーマとしたラジオ番組「ニッポン朗読アカデミー」に出演しているなど、「朗読」にも意欲的に挑戦している。また、根っからの「本好き」ということで、国内外問わずさまざまな文学作品を読み漁る読書家でもある。

 今回はそんな斉藤さんに、前半は「朗読」について、後半は「これから朗読したい作品」や「読書歴」についてお話をうかがった。特に後半の展開は読みごたえアリだ!
(新刊JP編集部/金井元貴)

■高校時代の先生から教わったこと

――まず、斉藤壮馬さんは非常に読書が好きということで、いろいろなジャンルの小説を読まれていることを公言されていますが、本との出会い、読書の原体験というところからお話いただけますか?

斉藤さん(以下敬称略):これは本が好きになったきっかけでもあるし、声優という仕事にもつながっていくのですが、小さな頃、母親がよく本の読み聞かせをしてくれていたんですね。当時は民話や神話が多かったのですが、母親は読むのがとにかく上手で、女性にしては低めの声で、すごくワクワクしながらいつも聞いていました。

ただ一つ、僕よりも母親の方がはやく眠くなってしまうところがあって、僕は物語の続きが気になるから、自分で本を読むようになり、好きになっていきました。また、僕の家族みんな本が好きで、特に祖母はかなりの読書家で家に本がたくさんある環境でもあったので、そこからも影響を受けていると思います。

――では、「朗読」というといかがですか?

斉藤:国語の授業で文章を音読するというところが最初ですね。でも、昔から音読は得意でした! 小さな頃から本に慣れ親しんできたから読むことに抵抗がなかったし、たぶん、ページを開いたとき、一度に読みとれる文字数が多かったのかもしれません。自分はあまり前に出るタイプではなかったのですが、声に出して読むということは、あまり違和感があることではなく自然なことでしたね。また、はっきりと読むと先生が褒めてくれますし(笑)

朗読は、高校生のときに放送部に所属していたときにはじめました。顧問の先生から一貫して教わったことは、もちろん、上手く読むことや丁寧に読むこと、きれいに読むことはできるに越したことはないけれど、やはり「伝えること」が一番大切なことだということでしたね。

――今、斉藤さんは「ニッポン朗読アカデミー」というラジオ番組に出演されていらっしゃいます。身近な事柄について感情を込めておおげさに「朗読」をするコーナーがあったり、「朗読」で遊ぶようなコーナーがあったりと、「朗読」にスポットをあてた番組になっています。そういう意味でも、今でも「朗読」の近くにいらっしゃいますが、斉藤さんが考える「朗読」の面白さと難しさとはなんでしょうか?

斉藤:これは朗読に限らず、アニメやラジオ、他の媒体であっても同じですが、僕は目の前の空間に向かって話しているのではなく、その向こうにいる誰かに伝えることを一番に考えています。

仕事柄、聞き手がすぐに目の前にいるケースはあまり多くはありません。でも、先日「日本朗読アカデミー」のイベントをやらせてもらったときに、リアルタイムで盛り上がる様子を見たりとか、お手紙をいただいたりとか、そういった反応があって「伝えることができた」という満足感といいますか、何も代えがたい楽しさを感じたんです。多分それは、一緒に一つのものを作り上げる仲間やスタッフの皆さん、そして聞いて下さる方々がいて形になるという部分も大きいと思います。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。