ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android 5.0(Lollipop)の機能紹介 : スマートフォンでもマルチユーザー機能が利用可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android 5.0(Lollipop)でスマートフォンでも「マルチユーザー」機能を利用できるようになりました。この記事では、スマートフォンにおける機能の概要や利用方法を紹介します。マルチユーザー機能は 1 台の Android 端末に複数にユーザーを登録できる機能で、例えば、家族みんなで端末を共有するときに役立ちます。Android 4.2 ~ Android 4.4ではタブレットでしか利用できませんでしたが、Android 5.0(Lollipop)でスマートフォンでも利用できるようになりました。Android 5.0(Lillopop)におけるマルチユーザー機能は、所有者とは別のユーザーを作成すること、ゲストユーザーを利用することの2点。どちらも所有者のデータにはアクセスできない新しいユーザー環境でスタートする点は共通しているのですが、ゲストユーザーは 1 つしか作成できないので、個人化する用途には向きません。ゲストユーザーの用途は端末を誰かに少しだけ使わせる時や不特定多数の人が利用するゲスト端末を作りたい場合に役立ちます。スマートフォンでのユーザーの作成は設定メニューの「ユーザー」で行います。「ユーザーを追加」で新規ユーザーを作成でき、「ゲスト」をタップするとゲストモードに切り替わります。どちらもギアアイコンをタップすることで通話や SMS の許可/拒否を切り替えられます。新規にユーザー(ゲストユーザーの初期も)を作成すると端末の初期セットアップ画面が開始されます。操作方法は所有者環境と同じです。しかし、モバイルデータ通信の設定やシステムアップデート操作などの一部の機能は利用できません。Android 5.0 には QuickSettings パネルにユーザー一覧が表示されます。切り替えはこのパネル上のアイコン操作のほか、ロック画面に表示したユーザーアイコンで行います。


(juggly.cn)記事関連リンク
Android 5.0(Lollipop)の機能紹介 : ユーザー補助の新機能「高コントラストテキスト」をONにすれば文字が際立って見えるようになる
Samsungの2画面折りたたみ式スマートフォン新作「SM-W2015」のデザインが判明
Material Design化されたGoogle Play ゲーム 2.1.10とGoogle Play ムービー 3.4.23-tvがダウンロード可能に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP