ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

買い手が料金を決めるEC?お財布にも優しい新しい購買体験を提供「Greentoe」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

あなたはインターネットで目当ての商品を少しでも安く買いたいと思ったとき、どのようにして購入しているだろうか?

たいていの人は価格比較サイトを使って調べたり、もしくは検索エンジンや複数のECサイトで料金を調べてから購入するだろう。

ただ、商品によってはメジャーなサイトは同じ料金でどこから買ってもかわらないという場合も多く、実は価格比較サイトにはのってなかったけどもっと安く購入できるお店があったなんてことも。

店舗側にとっても、1番安い料金で売る事ができるのにそれに気づいてもらえなかったり、ちょっとくらいなら割引できるけどそれを伝えることができないケースもあるだろう。

そんな時、「Greentoe」というサービスを使えば、双方の問題を解決し満足のいく買い物をできるかもしれない。

逆オークション型?買い手が商品や値段を決めてオファー

「Greentoe」は買い物の流れが非常にユニークなECサイト。通常のECサイトの場合は様々な商品がサイトに掲載されていて、料金は売り手によって決められる。

当たり前だが、買い手側は気に入った商品を見つけた場合、決められた料金を払って購入する。もし料金に納得できなければ他のサイトで探して購入する。

ただ、このサイトでは最初に買い手が購入したい商品をサイトから選び、金額を決めて登録(このサービスではofferという名称)をする。するとそのofferが各ショップに届けられ、その料金で売ってもいいという売り手が現れた時点で購入手続きに進む仕組みだ。

Y Combinatorも出資、今後の展開に注目

通常、料金には配送料も含まれているため、offerした以上の料金になることはなく安心して自分の納得いく価格で買い物ができる点が人気の秘訣となっている。

現在は扱っているジャンルも限られているが、Y Combinatorなどから資金を調達し、ジャンルの拡大の他更なる成長が見込まれる注目のスタートアップだ。
Greentoe

Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト
カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP